2016年07月01日

能登名産「 いも菓子 」

2016年06月
能登半島をツアーバスで巡った折り、
禄剛崎に立ち寄りました。
大型バスを停められる駐車場に売店が有ります。
そこは必ず入って商品をチェックしてしまうのですが、
見れば必ず何か買ってみたくなる。
そんな訳で今回買ってみたのが
「 能登名産いも菓子 」。
2個入りのお試しパックで売っているのがいいですね〜。
2個入りパックで¥250.-です。

ま、言ってみれば北海道の「 わかさ芋 」みたいなお菓子です。
ニッキの粉がまぶしてあり、
ニッキ大好きなニヘドンの心をそそります。
中身は白餡ですが、ぽそぽそしていて、
咽下障害の有る方はむせてしまうかも。
味はわかさ芋に軍配かなぁ。
でも外側のニッキまみれは、超いい感じでした。
田舎のお婆ちゃんを彷彿とさせるのは、
こちらの「 能登名産いも菓子 」かもしれません。

包装紙に印刷されている事柄を転記しておきます。

能登名産 いも菓子
珠洲市大谷町
吉森謹製

名称 : 和菓子
品名 : いも菓子
賞味期限 : 28.7.13
原材料 : 小麦粉・白あん・卵・砂糖・香料・膨張剤・桂皮末・黄色4号
製造者氏名 : 吉森博之
製造所所在地 : 石川県珠洲市大谷町5字26

***** 「 能登名産「 いも菓子 」 」 ・ 完 *****
  


Posted by ニヘドン at 16:38Comments(0)和菓子

2016年05月15日

中田屋の「 うぐいすきんつば 」

中田屋の「 うぐいすきんつば 」2016年05月12日(木)
金沢の人気スポット
「 ひがし茶屋街 」に
行きました。
ここは、何度行っても
大いに興奮してしまいます。
平成13年に国の重要伝統的建造物群
保存地区に選定された、江戸の情緒
たっぷりの小さな街並みです。
木虫籠( きむすこ )と呼ばれる
出格子が印象的です。
ニヘドンが興奮する理由は、
歴史を感じさせる街並みもさる事ながら
買い物が楽しい!!
のであります。
今、お茶屋さんは、大半が
お土産物屋さんかカフェになっています。
金箔のお店有り。 お麩のお店有り。
勿論、スイーツ系のお店も目白押しです。
ニヘドンは心を鬼にして、
1回の訪問で、買う物は1つと決めています。

たまたま今回、ひがし茶屋街に到着する前に2号車の添乗員さんとお話をした時、
彼女はこう言いました。
「 ねえ、ねえ、この間、ドライバーさんから聞いたんだけど、ひがし茶屋街に
  きんつばの美味しいお店が有るんですって。 ニヘドンさん、食べた事ありますか?」
え!? 何ですって!?
ニヘドン、中田屋のきんつばは食べた事ありません!!
( 多分。 食べて忘れているのかもしれないけど。)
食べたか食べなかったかは、ともかく、記憶に無いのであれば、
食べた事がないも同然。
そういう訳で、今日のお買い物は中田屋さんに決まり~!!

自宅に帰ってから頂きました。
バラ売りの「 きんつば 」は残念ながら売り切れだったので、
「 うぐいすきんつば 」のバラ売りが3個残っていたので、その内の2個を買いました。
新緑の初夏を思わせる涼しげな色味。
味は甘さ控え目で、きんつばを食べたー!という満足感はありません。
でろでろに甘いきんつばを食べて、血糖値がぬおー!!と上がる代物ではありません。
そこはかとなく感ずる甘味。 
音の無いせせらぎが近くを流れている様な、そんな夢幻の景色が目に見える様な
デリケートな和菓子でございました。
ほぼ全体が青豆の存在感。
うーん。 これは仙台のずんだ豆を使ったスイーツに匹敵するかも!!
美味しい。 これは美味しい♪♪
今度、ひがし茶屋街に行ったら、オーソドックスな「 きんつば 」も食べてみよう!!

*********************************

以下、パッケージに記載されている内容を転記しておきます。

[ 表面 ]
うぐいす
  中田屋

[ 裏面 ]
当店の品々は、お客様に喜んで頂けますように、品質、包装等万全を期しておりますが、
 万一不備な点がございましたら、お手数ですがお問い合わせの上、現品をご返送ください。
 0120-588-228  FAX : 076-252-1239
 http://www.kintuba.co.jp/

名称 : 生菓子( うぐいす )
原材料名 : 砂糖、青えんどう豆、還元澱粉糖化物、小麦粉、寒天、塩、
         トレハロース、膨張剤
内容量 : 1個
賞味期限 : 枠外下部記載( 箱入りの場合は外装面に記載 )
保存方法 : 直射日光、高温多湿を避け、冷暗所で保存
製造者 : ㈱中田屋 
       金沢市元町2-4-9
       ℡ 076-252-4888
( 特定原材料小麦含む )
紙 スリーブ
プラ 内装、トレー
賞味期限 : 16.5.25

***** 「 中田屋の「 うぐいすきんつば 」」 ・ 完 *****  

Posted by ニヘドン at 12:56Comments(0)和菓子

2016年03月31日

「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」

花子の古里 巨峰・桃ようかん2016年03月28日(月)
バスツアーの車内販売で
「 味の甲州わさび漬け
  センター 」の
「 3点セット 」が有りました。
☆ わさび漬け
☆ 野沢菜漬け
☆ ミニようかん
の3点がセットになっていて
¥1,000.-( 税込み )
安い!!

お客様が2セット購入したのですが、ツアー解散時、「 これ、重くて持って帰れないから、
悪いけど、これ、あげる。 食べてちょうだい。」 と、野沢菜漬けとようかんをくれたのです。
有り難く頂き、家に帰って息子ちゃんと一緒に食べる事にしました。

ニヘドン 「 ねえ、ねえ、これ、お客様から頂いたんだけど、
        巨峰と桃と、どっち食べる? 」
息子ちゃん 「 巨峰。」
彼の判断基準が良く分かりませんでしたが、いつも優柔不断で煮え切らない彼が、
即断したのでビックリしてしまいました。
長さ15cm 程のミニようかんです。
6つにスライスしてお皿の上に乗せました。

食べてみると、巨峰の香りがプーンと鼻先に漂い、
「 ああ、本当に巨峰の果汁を使っているんだ。」と妙に納得出来るようかんでした。
昔の、ただ甘いだけの、いえ、強烈な甘さだけのようかんを食べた記憶の有る方は
信じられない位、甘さ控え目です。
でろでろに甘い甘さが無いからこそ、巨峰の香りが引き立つのです。

これなら、「 ようかんなんか、クソ甘いから食べない。」と言う人にも
充分美味しく食べられるようかんだと思いました。
ニヘドンと息子ちゃんの2人で、あっと言う間に完食してしまいましたよ。
「 ようかんも進化しているんだな。」
まさか、こんなに美味しいと思わなかったです。
気に入りました。
みんなにも勧めてあげたいです。
是非!!

*********************************

以下、パッケージに記載されている事柄を転記しておきます。

[ 表面 ]

花子の古里
【 山梨県産桃・巨峰果汁使用 】
巨峰 桃 ようかん
登録商標第5712691号

[ 裏面 ]

一つ一つ思いを込めて作った
甘さ控え目な羊羹です。
食べてくりょーし。

品名 : 巨峰・桃羊羹
名称 : 和菓子
原材料名 : 巨峰羊羹 : 白餡、砂糖、巨峰果汁、寒天、酸味料、香料
         桃羊羹  : 砂糖、白餡、水飴、桃、寒天、香料
内容量 : 140g×2
賞味期限 : 枠外下部記載 ( 28.7.15 )
保存方法 : 直射日光、高温多湿を避ける
販売者 : 味の甲州わさび漬センターHS
        代表者 : 窪田隆之
        山梨県笛吹市御坂町金川原1185
        TEL 055-262-7200
開封後はお早めにお召し上がり下さい。

***** 「 花子の古里 巨峰・桃ようかん  」 ・ 完 *****  

Posted by ニヘドン at 03:12Comments(0)和菓子

2015年07月26日

「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」

長者団子2015年07月24日(金)
鎌倉・長谷の「 浅羽屋本店 」で
うな丼を楽しんだ後、
由比ヶ浜大通りを鎌倉駅に
向かって歩きました。
途中で出会ったお店が
「 花見煎餅吾妻屋 」さんです。
創業100年を誇る和菓子屋さん
なのですが、お店の建物は
新建材の四角い建物です。
味わいの有る古民家で有って
欲しかったですが…。
ニヘドンが亡き母親と一緒に
行った事の有る長谷寺門前に
有った古民家カフェ
「 邪宗門 」ですら閉店、
解体してしまった位ですから、
時の流れには逆らえないと
言う事でしょうか。
店名の通り、煎餅も有りますし、
和菓子全般も有ります。
スナック菓子も有りますし、
シャボン玉すら売られています。
ちょっと高級な
駄菓子屋さんと言った感じです。

ニヘドンが利用するのは初めてですが、この店に来たら「 長者団子 」と
JTB パブリッシングの「 地図で歩く鎌倉 」と言うガイドブックに書かれています。
長者団子を2つ買いました。
1つは自分用。
もう1つは息子ちゃん用。
1つ 120円( 税別 )です。
この値段は8年前と変わっていません。

奈良時代、由比の長者と呼ばれた染谷太郎時忠に由来する商品名です。
食べると億万長者になれると良いな

北海道産の小豆で作ったこし餡を餅生地で包み、
黄金に見立てたきな粉をまぶして有ります。
小豆餡の中心部に、直径1cm 程の小さな餅玉が入っています。
見た目は何の変哲も無い素朴なきな粉餅の様ですが、実は四重構造になっているのです。
外側から、きな粉 → 餅 → 小豆餡 → 餅。

食べてみると、人間が手で丸めた団子で有る事が如実に分かります。
美味しい♪
手作りの温かみに、うっすら涙を浮かべながら、ニヘドンは長者団子を食べたのでした。

たった2つしか買わなかったけれど、プラスチックのパックに入れて、
芸術的な文字が書き連ねてある包装紙に包んでくれました。
また行くわ!
やっぱり、洋菓子より和菓子よ♪

[ SHOP DATA ]
店名 : 花見煎餅吾妻山屋 ( はなみせんべいあづまや )
電話 : 0467-22-2600
営業時間 : 07:30~19:30
定休日 : 月曜日( 祝日の場合は翌日 )

花見煎餅吾妻屋和菓子 / 和田塚駅由比ケ浜駅鎌倉駅

昼総合点★★★★ 4.5



***** 「 「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」 」 ・ 完 *****  

Posted by ニヘドン at 22:51Comments(0)和菓子

2015年06月04日

「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。

2015年06月01日(月)
新横浜でグルメ大魔王様と一緒に夕食を取りました。
「 そば茶屋 小諸 」はお蕎麦屋さんで、
更級蕎麦が美味しいのですが、
テーブルに置かれたデザートメニューが
実に美味しそうでそそります。
頼んじゃいました! (*^_^*)
「 甘味セット 」460円 ( 税込 496円 )です。
甘味もドリンクも好きな物を選べますが、ニヘドンが選んだのは写真の「 クリーム白玉あんみつ 」とホットコーヒーです。
この「クリーム白玉あんみつ」が 、お蕎麦屋さんの副業的
デザートとは思えない力の籠った逸品でありました。
寒天、ギュウヒ、パイン、チェリー、缶詰めのみかん、あんこ、
白玉3個、みつ豆、甘〜いバニラソフトクリーム。
黒蜜の小さい器が別添えになっています。
「 銀座 立田野 」だったら、これ位で1000円近く取りますからね。
新横浜でスイーツしたかったら、「 そば茶屋 小諸 」が穴場だと思います。
ホットコーヒーは取っ手の無い和風カップに入っています。
カップの表面のザラザラした感触が、陶器フェチのニヘドンの心に染みました。
コーヒーは美味しいので最後までブラックで飲みました。
「 そば茶屋 小諸 」凄く良いです。
お蕎麦は無論美味しいです。
スイーツにも手を抜かない蕎麦屋!
素晴らしいです!
新横浜に行く時は愛用します!
小諸、最高ぢゃん!!
新横浜CUBIC PLAZAの1階に有るから、CUBIC PLAZAのポイントも貯まるんだよー。

***** 「 「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。 」 ・ 完 *****
  

Posted by ニヘドン at 12:29Comments(0)和菓子

2015年05月22日

善光寺の「 門前きんつば 」

いや〜。
今年は善光寺のご開帳。
行って来ましたわ、ニヘドンも。
ニヘドンが、何処かに行くと、必ずする儀式が
「 スイーツを食べること 」。
うふふふ。
今日ニヘドンの目に留まったのが、
「 たきや 」駐車場に有る売店の
「 門前きんつば 」。
箱入りでも売っていますが、バラ売りもしてくれます。
1個 200円。( 税込み )

ちょっと嬉しかったのが、おじさんが目の前で作っているのを
見物出来るんです。
最初に野球ボールみたいなまん丸のあんこ玉を作るんですね。
きんつばって、最初はまん丸だなんて想像した事もなかったからビックリ!
(*_*)
その、あんこ玉の周囲にまんべんなく、小麦粉を水で溶いた物を掛けるのです。
これで白いボールが並びます。
そして、鉄板の上で焼く時に、上からギュギュっと押し潰すので、きんつばの形になるのですよ。
オートメーション工場で作られたきんつばではなく、外でおじさんが作ってくれた、
ほかほかの温かいきんつばは、それはそれは美味しかったです。
驚いた事に、甘さ控え目でした。
あんなに大きなあんこ玉だったのに。
ニヘドンだったら、この上品な味わいのきんつばなら2個は食べられてしまうでしょう。
冬の寒い時だったら、仄かに甘いほかほかのきんつばなら3個は行けてしまうかもしれません。
善光寺の門前町はお店の数が多過ぎて、まだまだ探訪しなければなりません!!

***** 「 善光寺の「 門前きんつば 」」 ・ 完 *****
  

Posted by ニヘドン at 10:12Comments(0)和菓子

2015年01月08日

茶房太助庵の「 お餅のおためしアラカルトA 」

2014年12月31日(水)
2014年も、この日で終わると言う大晦日、
ニヘドンは添乗で伊勢神宮の内宮に来ておりました。
お客様を入り口まで案内すると、
車内販売の赤福の事務所に行って支払いをし、
その次に「 おかげ横丁 」に有るお店に行って
「 かつおの天ぱく 」の支払いをし、
商品を受け取る仕事をしました。
やるべき事さえ済ませてしまえば、後は自分の時間です。
添乗日報を書く為に、何処か静かな喫茶店でも
行きたいと思いました。
まだ新年を迎えていない「 おはらい町通り 」は、
大変な人混みで、自分の行きたい方向に進めない位です。
混雑を避ける為にニヘドンはおかげ横丁を北に突き抜け
神宮会館の前を通る23号線の通りに出ました。
この道は、いつ通っても空いています。
おはらい町通り程、数は多く有りませんが、飲食店も数件存在します。
ニヘドンの目に止まったのが
「 茶房太助庵 」でした。
神代餅( かみよもち )を売る和菓子屋さんですが、カフェも併設しているのです。
外から店内を覗いてみたら、かなり空いていたので入ってみる事にします。

「 お餅のおためしアラカルトA 煎茶セット 」550円にしました。
急須の茶葉には近くに置いてあるポットのお湯を何度でも足して飲む事が出来ます。

3種類のお餅が味わえるボリューム系のセットです。
写真の左側が「 御幸餅 」単品3粒で 220円。
このセットには2粒乗っています。
あんこの付いていない、シンプルなよもぎ餅です。
きな粉がまぶしてあります。
もっちもちの美味しさが楽しめます。

写真の右上が「 神代餅 」。単品1粒90円。
よもぎの草の香りとあんこの甘さが絶妙のハーモニー。

写真の右下が「 焦がし餅 」。
単品1粒 95円。
プリンのカラメルみたいに上部が黒い円形になっています。焦がし部分がパリッパリで、
粒あんとの絡みが実に美味い!

3種類全部のお餅によもぎが入っているので、緑色です。
お餅の乗った角皿が松の絵の描いてある古風なデザインで、
このお皿、欲しい〜!!

アラカルトセットの中で順位をつけるとすると、
ニヘドンのお好みランキングは、
第1位 焦がし餅
第2位 御幸餅
第3位 神代餅
となりました。

カフェの収容人員は20人位。
カウンターに椅子が2脚。
BGM はジャズ。
売店で商品購入出来ます。

お餅は美味しいし、落ち着ける店ですが、トイレの場所を訊いたら、
「 え? トイレ入るの? 」みたいなつっけんどんな態度だったのが実に残念でした。

***** 「 茶房太助庵の「 お餅のおためしアラカルトA 」 」 ・ 完 *****

  

Posted by ニヘドン at 17:18Comments(0)和菓子

2014年12月22日

銀座 立田野 「 クリスマスあんみつ 」

銀座 立田野 クリスマスあんみつ
2014年12月12日(金)
いつも二へドンがJR横浜駅から
ヴァイオリン教室へ行く道筋に
「 銀座 立田野 」のお店が
有ります。
不思議な事に今迄1度も
入った事が無いのです。
恐らく値段が高いから、
無意識に敬遠していたのだと
思います。
でもこの日は、お店の前を
通り過ぎる時に、視界に入ってしまったのですよ。
「 クリスマスあんみつ 」と言う文字が!!

え? クリスマスあんみつ?
その言葉は、まんまと二へドンのブロガー魂をゲッチュしてしまったのです。
「 ヴァイオリンのレッスンの後、 クラスメイトの fu-chan を誘って来よ~♪ 」
fu-chan を誘ってみるとOKとの事。 るん♪
早速2人でやって来ました。

写真の超・可愛いのが「 クリスマスあんみつ 」 ¥1,188.-です。
ソフトクリーム、 苺アイスクリーム、 抹茶クリーム、 苺、 白玉3個、 あんこ、 寒天、
練り切りの雪だるま。 雪だるまのお腹の中は胡麻餡でした。
別容器の黒蜜を掛けて食べました。 美味しかったです!
庶民のおやつにしては1,000円を越すので、高いと思いますが、
たまには自分にご褒美で良いですよね。
二へドンはこれから毎日ヴァイオリンの練習を続けた週には、ご褒美に立田野で
ティータイムをする事にしようかな?
このお店、季節毎に、練り切りで様々なアレンジをするみたいです。
じゃあ、お正月も来なくちゃ~!

店内は狭くて2人掛けの小さいテーブルが5~6台と、カウンター席に4人位腰掛けられます。
お金持ちそうなマダム達が次々に入って来て、 あんみつ等を当たり前の様に食べていました。
世の中、お金持ちが多いんですね。
クリスマスあんみつを食べているのは二へドン1人だったので、ちょっと恥ずかしかったかな。
持ち帰り用のクリスマスあんみつも売られていました!

***** 「 銀座 立田野 「 クリスマスあんみつ 」 」 ・ 完 *****  

Posted by ニヘドン at 21:12Comments(0)和菓子

2014年06月26日

伽羅苑( きゃらえん )の「 かりんとうまんじゅう 」

2014年06月24日(火)
何十年振りかで群馬県の吹割( ふきわれ )の滝を
訪れました。
その時に土産物屋の伽羅苑( きゃらえん )の
「 かりんとうまんじゅう 」を食べてみました。
かりんとうまんじゅうは数年前からブームが続いており、
ニヘドンも日本各地のかりんとうまんじゅうを食べました。

正直言って、この伽羅苑のかりんとうまんじゅうには、
期待はしていませんでした。
箱を開けると1つ1つのかりんとうまんじゅうが
個包装されています。
1つ手に取って袋を破いてみました。
ぷーんと黒糖の濃く甘い香りが鼻先に広がりました。
「 うわ! これ、本物だ! 」

黒糖と言えば、本場は沖縄。
でも沖縄の黒糖を使ったお菓子は、「 なんくるないさぁ。」的な大雑把な作りの物が
多い様な気がします。
まあ、それが島の素朴な持ち味なんですけれどもね。

伽羅苑のかりんとうまんじゅうは、黒糖は沖縄の本場以上のリッチテイスト。
更に東京人の肥えた舌にもマッチする上品さです。
群馬、やるじゃん。
群馬に対する今までのイメージは、
☆ 夏、暑い。
☆ 野菜が美味しい。
☆ 花が綺麗。
要するに田舎。って感じでした。

まさか、ここまで上質のかりんとうまんじゅうを生産していたとは……。

かりんとうまんじゅうも色々な所で作られているので、味も形状も様々です。
伽羅苑のかりんとうまんじゅうは、小振りなので女性でも食べ易いです。
あんまりゲンコツみたいに大きいのは、意中の彼氏の前では大口開けて
食べられないものね。(笑)


以下、箱に記載されている事柄を転記します。

[ 表面 ]
人気の銘菓
やさしいソフトタイプ
かりんとうまんじゅう
the karintou manjyuu

[ 裏面 ]

このたびはお買い上げいただきまして誠にありがとうございます。
品質には万全を期しておりますが、
万一お気づきの点がございましたら下記フリーダイヤルまでご連絡いただきますよう
お願い申し上げます。
お客様相談室
0120-41-3709
メール mk-support@poem.ocn.ne.jp
受付時間 : 平日午前9時〜午後5時
土日祝祭日はお休みさせていただきます。

名称 : まんじゅう
原材料名 : 小豆あん、小麦粉、砂糖、水あめ、植物油脂、加工黒糖、還元麦芽糖水飴、重曹、加工澱粉、膨張剤、カラメル色素
内容量 : 3個
賞味期限 : 1ヶ月以上
保存方法 : 直射日光、高温多湿を避け常温にて保存してください。
製造者 : (株)ハイネス ( 吹割の滝、伽羅苑 )
群馬県沼田市利根町追貝976
TEL 0276-56-3711
本品製造工場では小麦、卵、乳、そば、落花生を含む製品を製造しています。

***** 「 伽羅苑( きゃらえん )の「 かりんとうまんじゅう 」 ・ 完 *****
  

Posted by ニヘドン at 19:51Comments(0)和菓子

2014年04月26日

「 くるみゆべし 」

2014年04月15日(火)
04月14日(月)より伊香保温泉のホテル山陽に
2連泊しました。
旅館に泊まる時のお楽しみは、お部屋にセットされた
サービスのお茶菓子なのですが、ホテル山陽さんは
気が利いていました。
1日目が胡麻せんべい、2日目が、
この写真の「 くるみゆべし 」だったのです。
1日目と2日目でお茶菓子を変えると言う小技を利かせる
宿は、意外と少ないんですよ。
2日共同じだったり、2日目はお菓子が無かったりする宿も多いのです。

さて、ニヘドンの父親は福島県会津若松市の出身です。
ゆべしは小さい頃から馴染んでいたお菓子でした。
今でも変わらずに「 ゆべし 」が存在し、その美味しさを楽しめるのが感動的ですら
あります。
ゼリーとは少し違う、のた〜っと重めの歯応えが特徴でしょうか。
くるみの香りと、この歯応えが癖になりますね。
西洋のお菓子は焼き菓子が主流なので、この中途半端な歯応えのお菓子は無いと思います。
ゆべしよ、永遠なれ!!
( しかし、ホテル山陽さんに置いてあったゆべしは、外袋にメーカー名も何も書かれておらず、謎なのであった。)

***** 「 くるみゆべし 」 ・ 完 *****
  

Posted by ニヘドン at 14:14Comments(0)和菓子

2014年03月17日

「栗のわたなべ」の 「 豆大福 」

2014年03月16日(日)
クラブツーリズムの日帰りバスツアーで、水戸の偕楽園の梅と、ひたち海浜公園の早咲きの水仙を見に行って来ました。
オプションの車内販売の中に、「 栗のわたなべ 」の豆大福が有りました。
こう言ったお土産のオプションは、箱単位で注文する様になっている事が多いですが、「 栗のわたなべ 」の「 豆大福 」は、1つから注文出来るのです!
ちょっと味見してみたい場合に、こういうのって、ウェルカムですよね。
1個 100円です!!
嬉しい!
消費税を取る 100円ショップより、まだ安い!

で、食べてみたんですけど、豆が美味しい!!
「 何じゃ、これはぁぁぁ〜!! 」と松田優作張りに叫びたくなる様な美味しさです。
煎った豆の香ばしさか実に美味い!!
豆大福なんだから、豆が美味しくなくちゃ仕方ないでしょう。
でもニヘドン、今までに豆大福で、こんなに感動した事有りません。
大福は普通の大福ですが、豆が極上。
素晴らしいわ。

実はニヘドン、子供の頃は豆類が苦手だったの。
焼売の上に乗っているグリンピースが食べられなくて、箸先でほじって出してた位。
だから、ニヘドンの人生の中で、豆キャリアって、そんなな長くないんです。
そんなニヘドンが、「 この豆は文句無しに美味い!」と思った位の「 栗のわたなべ 」の「 豆大福 」。
クラブツーリズムに参加して、もしオプションの車内販売の中に有ったら、絶対1つは買ってみてね。
この豆の美味しさは是非体験して欲しいと思いました!

[ 商品 DATA ]
名称 : 和菓子
品名 : 豆大福
原材料 : 餅米、砂糖、大納言、液糖、黒豆、トレハロース、酵素、乳化剤、保存料( ソルビン酸 K )
消費期限 : 製造日の翌日まで
製造者 : 栗のわたなべ
利平(有)
茨城県つくば市谷田部 6341

***** 「 「栗のわたなべ」の 「 豆大福 」 」 ・ 完 *****
  
タグ :豆大福


Posted by ニヘドン at 18:46Comments(0)和菓子

2014年03月09日

「 かごの屋 」の「 さくら餅 」

かごの屋の桜餅
2013年03月18日(月)
息子ちゃんと一緒に
「 かごの屋 金沢文庫店 」
でディナーを楽しんだ後、
デザートをお願いしました。
前回、かごの屋を利用した際に
ポイントカードを作ったのですが、
ポイントカード会員への特典、
デザート・プレゼントを頂いた訳です。

無料なので、プチ・デザートかな? と思いきや、
大きな桜餅が1人に1つ貰えたので超Happy! でした。

何しろ、二へドンも息子ちゃんも共に大の甘党なんです。
すっごく嬉しかったんですけど、桜餅が冷た過ぎたのが残念でした。
こういうスイーツって、冷凍物を解凍してお客に出すのだと思うのですが、
もうちょっと温度管理にも気を使ってくれても良いと思うなあ。
しばらく常温の所に出しておくとか、出来ないのかしら?

でも、まあ、嬉しいプレゼントでございました。

***** 「 「 かごの屋 」の「 さくら餅 」 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 00:30Comments(0)和菓子

2014年02月25日

梅月園の「 さくら葉餅 」

さくら葉餅
2014年02月24日(月)
伊豆の「 河津桜まつり 」に行きました。
クラブツーリズムのバスツアーで河津桜まつりに行くと、
大抵(?) 梅月園( ばいげつえん )の
「 松崎銘菓 さくら葉餅 」の車内販売が有ります。
2014年の車内販売の期間は
2014年02月05日~03月10日までです。

写真の商品がこの「 さくら葉餅 」です。
形は細長く、平べったくて、二へドンの好きな「 若鮎 」のミニ版みたいな形をしています。
この商品の大きな特徴は、さくら葉を2枚使用している事。
商品パッケージにはこう印刷されています。
「 松崎町特産の塩漬けの桜葉を2枚使用してありますので、お好みに合わせてお召し上がり下さい。」

二へドンは2枚貼り付けたまま、頂きますよ。
だって、桜葉有っての桜餅だもの。 桜葉の塩漬けが大好きなんだもの!!
お上品な味です。
近所のスーパーで売っているプラトレーに入った桜餅と全然違います。
合成着色料で真っピンクをしていないし、 合成香料でツンとした臭いもしないし、
合成甘味料で味付けもしていないし、 普段、安物の合成桜餅を食べ慣れた舌には、
まるで空気の様に、軽い食感の桜餅でした。
ヤバイですよ!!
この軽さだったら、二へドン1箱( 6個入り、¥900.-)を一気食いしてしまいそうです!!
危ない。 危ない。

これなら毎日おやつに食べたいな。 河津桜まつりのバスツアーで車内販売していたら
絶対に買って下さい。 現地の露店では買えない商品ですよ!!

パッケージ裏面に書かれているのは、
「 品名 : さくら葉餅 
  名称 : 生菓子
  原材料 : 砂糖、上新粉、小豆、手亡豆、醸造酢、貝カルシウム、
         桜葉 ( 食塩、クエン酸、ミョウバン )
  内容量 : 1個
  消費期限 : 別途記載 ( 製造日より4日間 )
          ( 二へドンが食べたヤツは3日後の14.02.26になっていました。)
  保存方法 : 直射日光、高温多湿を避け、 冷暗所にて保存して下さい。
  製造者 : ㈱梅月園
          静岡県賀茂郡松崎町桜田149-1
          ℡ 0558-42-0010㈹
  ※ ごみに出す時は市区町村の区分に従って下さい。
  ● 商品は万全を期しておりますが、万一不都合な点がございましたら、
    お手数ですがお求めの店名、日時を弊社までご連絡下さい。
  ● 本製品は卵、小麦、乳、落花生、そばを含む製品と共通の設備で
    製造しています。 」

また、車内販売のオプションボードの説明は下記の通りです。
「 さくら葉餅
  日本経済新聞で紹介された銘菓
  ( 二へドン加筆 : 平成21年03月21日 旅行作家の中尾隆之さんが
    記事を書いています。)
  創業82年の「 梅月園 」は国産の素材にこだわった品質重視の和菓子を
  地域密着で製造販売しています。
  「 さくら葉餅 」は、着色料を使わない白い餅と北海道産の契約農家が
  特別栽培した小豆を使い、
  全国の70%を生産する地元産のさくら葉2枚で包んだ商品です。
  作り置きをせず、その日作った分だけを販売、量産ができないため
  デパートや観光土産店では販売していません。
  シャキっとした歯応えとほんのり塩味の桜葉、柔らかくてもちっとした餅の
  食感はまさに絶品です。 」

***** 「  梅月園の「 さくら葉餅 」 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 17:33Comments(0)和菓子

2013年09月16日

いいだばし萬年堂の「 御目出糖 」

2013年09月14日(土)
このお菓子は、或る哀しい経緯で
二へドンの家へやって来ました。
都内日帰りツアーの車内販売で
このお菓子の注文を取りました。
1人のお客様が途中で電車で
帰るからとツアーを離団してしまったのです。

通常、1度注文を受けた物は
キャンセル出来ません。
でも、二へドンはその時まだ、
お客様からの集金をしていなかった・・・。

手っ取り早く集金をしなかった
二へドンの落ち度であるのですが、
それにしても、1度注文して
おきながら、その事には全く
触れずに、バスを下りてしまうなんて!
しかも、直接二へドンに連絡を
したのではなく、自由散策の間に、
勝手にバスの運転手に
下りると告げての離団なのです。

このお客さんは、自分も、そういういい加減な
お客相手に「 いいですよ。 どうぞ。 どうぞ。」と
笑顔で商売しながら、半世紀を生きて来た人
なんでしょうか?

幸い、逃げられたお客様の注文数は1個だけだったので
二へドンがポケットマネーからお金を出して
買い取る事にしました。

仕事を終えて我が家に帰った二へドンは、早速息子ちゃんと
「 御目出糖 」を食べる事にしました。
「 御目出糖 」のお供は、やはり緑茶が良さそうだったので、
お湯を沸かして緑茶のティーバッグで淹れました。

見た目はチョコレートケーキみたいです。
歯触りは、固めなのかな? と思いましたら、
ねちょーっとした歯触りなのでありました。
コンビニのスナック菓子では有り得ない食感で、とても新鮮に感じられました。
甘さは控え目ですが、食べた後もしばらく、
「 甘い物を食べたぞ。」と言う余韻に浸れます。
意外とダイエットにいいかもしれません。 
甘い物を食べた満足感が長く続くから、他の食品に手を出さなくて済みますから。

軽くて、ねちょーんとした食感に病みつきかもしれません。
一方、息子ちゃんの感想は「 美味い! 」「 生地がもちもちしている。」との事。

一箱に3個入っているので、この日は1人1個ずつ食べ、
翌日、台風18号でお出掛け出来なくなっている家の中で
最後の1個を息子ちゃんと半分こして食べたのでした。

また食べたいな。
箱の中に入っていた栞を読むと、「 御目出糖 」と同じ製法で、白餡に抹茶を入れた
「 高麗餅 」なる物も在るようです。 うう。 今度はこれも食べてみたいわ!

ちらしに書かれている文章を転載しておきます。
「 いいだばし萬年堂
 御目出糖 ( おめでとう )

 『 萬年堂 』 は元和元年( 1615年 )京都三条寺町に創業、明治5年( 1872年 )
 九代目の時、銀座に移転。 平成5年に飯田橋に独立し今日に至っている。
 一見赤飯に似た『 御目出糖 』 は元禄の頃から続く家伝の銘菓。
 こしあんに3種類の米粉と上白糖を混ぜて練り、ふるいを使ってそぼろ状にした生地の上に
 蜜漬けの大納言小豆を均等に散らして強い蒸気で蒸し上げる大変手間のかかる御菓子です。 」

3個入り 880円。
☆ 『 御目出糖 』 は全国五つ星の手土産でも紹介されています。

[ 商品DATA ]
名称 : 和生菓子
品名 : 御目出糖( おめでとう )
原材料名 : 北海道産小豆、手亡豆、上白糖、上新粉、上南粉、餅粉、塩、着色料( 赤3 )

[ SHOP DATA ]
いいだばし萬年堂 
住所 : 〒162-0824 東京都新宿区揚場町2番19号
電話 : 03-3266-0544
FAX : 03-3266-0545
営業時間 : 月曜~金曜 午前10:00~19:00
         土曜日 午前10:00~17:00
         休業日 日曜日・祝日 ( 但し予約の品はご用意致します )
         3月3日、5月5日、彼岸( 春・秋 )の中日、年末12月25日~31日休まず営業。
ホームページ : http://www.omedeto.co.jp/
☆ 地方発送も承ります。

***** 「 いいだばし萬年堂の「 御目出糖 」 」 ・ 完 ******  


Posted by ニヘドン at 17:10Comments(0)和菓子

2013年01月08日

上里S.A.の「 かりんとうまんじゅう 」


2011年11月24日(木)
サンケイツアーズの
「 長野一周ウォーク 」の
日帰りバスツアーに参加した
帰り、上里S.A.の売店で
「 かりんとうまんじゅう 」
を購入しました。
1個 ¥120.-です。
最後の1個でした。
残り物には福が有るかな?

外側の固い皮の内側が、黒糖のジュルっとした蜜が得も言われぬ味わいです。
ヒートキーパーで温めてあるので、中の餡子のアチアチ感が最高ー!!
二へドンの地元のKAMOMEパンで、かりんとうまんじゅうをよく買いますが、
こちらのかりんとうまんじゅうの方が断然美味しかったです。
温かいのが美味しさの決め手だと思いました。

自販機のホットコーヒー( ¥150.-)と共に、バスの中で頂きました。

***** 「 上里S.A.の「 かりんとうまんじゅう 」」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 00:11Comments(0)和菓子

2012年05月30日

 素敵な 「 ラス・フディアス 」で豆子郎を試食する。


2011年09月24日(土)
湯田温泉のホテルから
山口ザビエル記念聖堂を目指して
歩いている時に、偶然見つけた
素敵なお店です。
洋館なので、遠くからでも目立ちます。
女の子だったら、絶対に中を覗いてみたくなりますよ!!

このお店は山口の銘菓「 豆子郎 」の姉妹店です。
入り口の石に「 ラス・フディアス菓子館 by 1046 」と
書かれてあります。
09:40 にお店の中に入りました。
売り場面積は小さいお店で、半分で和菓子を売り、
残りの半分には女の子が喜ぶ可愛いバラエティグッズが売られています。
店内をぐるりと眺めていると、
09:53 お店番をしていた40歳前後の女性からお菓子の試食を薦められました。

「 生絹豆子郎 」( すずし とうしろう )と言う銘菓を半分に切った物と、お茶が
供されました。
無料の試食なのに、写真の様に麗しい状態で出されたのでビビッてしまいました。
試食をさせてくれるお店は各地に色々有りますが、ここまでおもてなしの心を
見せられてしまうと、魅せられてしまいます。
案の定二へドンは試食の後、お店の代表的なお菓子を1個ずつ
試食用に合計1,400円分も買ってしまったのでした。

「 生絹豆子郎 」は、小豆風味に大納言が忍ばせて有る、蒸し立ての柔らかな味が
楽しめます。
もう1種類は、抹茶の風味に白小豆が使われています。
この他にも、季節限定品が出る様です。
上品で美味しいのですが、ネックは賞味期限の短さです。
消費期限は「 一両日 」ですから、友人へのお土産にはなかなか難しいかも。

スタッフの女性と色々な世間話をして、ゆったりと心穏やかな時間を過ごす事が
出来ました。
山口市を訪れたなら、是非とも足を運んで欲しい素敵なお店です。

「 豆子郎 」の別のお菓子「 お手作り最中 絹ふくさ 」の記事は
こちら → http://yasunaolove.hama1.jp/e927350.html

***** 「 素敵な 「 ラス・フディアス 」で豆子郎を試食する。」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 00:25Comments(0)和菓子

2012年01月25日

萬佳亭 「 花の膳 」のデザート

2012年01月14日(土)
善光寺横の丘の上に立つ老舗料亭
「 萬佳亭 」( まんかてい )。
お昼に楽しめる「 花の膳 」2,940円の
デザートを紹介します。
( 花の膳の本体のレポはこちら 
  → http://nihedon.hama1.jp/e940386.html

お菓子の名前を訊いておけば良かったですねぇ。
練り菓子に、芋きんとんの胡桃乗せです。
美味しかったです。
思わず「 お替わり! 」って言ってしまう所でした。
和菓子の彩りって、西洋菓子に比べると自然をそのまま写し取ったみたいで、
ナチュラルで、舌よりも心が味わえるって感じです。
スタッフの人が、そば茶を持って来てくれました。
これが、しみじみ美味しいのです。
い〜い、ひと時でした。
また行くよ! 絶対に!

***** 「 萬佳亭 「 花の膳 」のデザート 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 01:53Comments(0)和菓子

2011年12月03日

芳林堂の「 お菓子とうふ ( ゴマ )」

2011年12月01日(金)
ニヘドンは旅行に行くと
その土地ならではの食べ物を
片っ端から食べてみます。
なので土産物屋で箱単位で
お菓子を買う事はしません。
バラ売りのお菓子を1個ずつ大人買いをするのです。
この世の中の食べ物を全て食らい尽くすと言う執念です。

杉劇リコーダーずの新潟遠征の際、
「 深雪( みゆき )の里 」と言う道の駅に立ち寄りました。
そこで地元のお菓子がバラ売りされていたので
お買い上げ! お買い上げ!!

先ずは、その内の1つをご紹介しましょう。

(有)芳林堂の生菓子の
「 お菓子とうふ ( ゴマ ) 」1個 170円です。

中がどんなお菓子なのか全く分からずに買って帰ったので、家で封を開けてみてビックリしました。
想像とは全然違うお菓子だったからです。
白い豆腐生地でゴマ餡をサンドイッチしています。
何だか子供の頃に大好きだったお菓子の「シベリア」を思い出しました。

豆腐生地は、しっとりと潤っていて、
だけど豆腐と言うイメージよりは密度が濃く
噛み応えがあります。
豆腐そのものでは無く、豆乳の匂いが
立ち上ぼります。
ごま餡も厚みが有り、1人で全部食べるとお腹いっぱいになってしまいました。
豆乳が大好きな人にはコタエられない美味しさですが、
豆乳が苦手な人にはお勧めは出来ません。

ニヘドンは美味しく頂きましたよ。
ニヘドン位の微妙なお年頃になると、
栄養価の高いおやつが必須ですからね。
( 美容の為に。(^o^)/ )

[ 商品 DATA ]
* パッケージ 表面
「 魚沼の とうふ菓子 謹製
NIIGATA TOFUGASI HOURINDOU UONUMA 」

* パッケージ 裏面
「 お菓子とうふ ( ゴマ ) 」
名称 : 生菓子
原材料 : 卵白、砂糖、小麦粉、豆乳、白いんげん豆、植物油脂 ( 大豆由来 )、ハチミツ、膨張剤、ph 調整剤、水あめ、トレハロース、胡麻ペースト、寒天。
量目 : 1ヶ入
保存方法 : 要冷蔵 1℃以下
製造者 : 有限会社芳林堂
住所 : 新潟県魚沼市本町1-16
電話 : ( 025 ) 792 - 0258
FAX : ( 025 ) 792 - 0244

***** 「 芳林堂の「 お菓子とうふ ( ゴマ )」 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 11:41Comments(0)和菓子

2010年11月15日

ペコちゃん焼き

2010年11月14日(日)
飯田橋駅より徒歩3分。
神楽坂下に有る不二家には、
「日本でここだけ」と云う、
「 ペコちゃん焼き 」が売られています。
20年前にニヘドンが飯田橋駅を利用していた頃は、よ〜く買いに行った、ペコちゃん焼きですが、
店舗は新しくなっても、ペコちゃん焼きは健在です。
ペコちゃん焼きを入れてくれる紙袋に「 1969 」と書かれていますから、ペコちゃん焼きは今年で41歳。
あらフォー世代かぁ〜。

6種類有るペコちゃん焼きですが、秋らしく「 栗 」を1つ買ってみました。

帰宅後すっかり冷めていたのでオーブントースターで温めて、息子ちゃんと半分こして食べました。
息子ちゃん曰く 「 生地がカリカリして美味しい〜。」
それはオーブントースターで温めたからだと思いますが…。
栗あんは、甘過ぎず、い〜い感じのお味です。

何と言っても、ペコちゃん焼きの「 ぶっきー 」な瞳の虜です。( 笑 )
鯛焼きよりも美味しいと思うのは、ペコちゃんの魅力の為せる技!?



「 可愛い! 」と言う人と、「 怖い!」 と言う人に二分される
ペコちゃん焼き。
でも味は美味しいんだよ!!

***** 「 ペコちゃん焼き 」・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 14:46Comments(0)和菓子

2010年05月22日

味噌ぱん & マコロン

2010年01月25日(月)

01月23日(土)にトリオ・リベルタの岩沼公演に行きました。
その時に仙台在住のマダムに街中を案内して貰ったのですが、
「 仙台舟丁 石橋屋 」に行きました。
その折に買い求めたのが、この
「 味噌ぱん & マコロン 」です。

写真の向かって右側が味噌ぱんです。
佐藤君と半分ずつ食べました。
群馬にも味噌パンで有名なベーカリーが有りますが、
そこの味噌パンとは形状が随分と違っています。
パンというより、見た目は乾パンって感じですね。
素朴な味わいです。
きっと洋風のお菓子がレアだった時代には、この味噌パンは
おご馳走だったのでしょうね。

写真の向かって左側が仙台スイーツで有名な「 マコロン 」です。
仙台駅付近で売られているのは、工場で大量生産されたような物ですが、
こういう手作り風のマコロンは初めて食べました。
フランスのマカロンとはまた違う、日本の駄菓子とフランスのスイーツの
中間みたいな感じです。

こういう手作り仙台駄菓子は貴重ではありますが、何分値段が高いのが
玉に瑕かな? 値段が高いと、もう駄菓子とは言えないのにねえ・・・・・。

このお店の他の商品はこちら → 「 仙台・石橋屋の『 おまけ 』 」 
                    http://yasunaolove.hama1.jp/e817617.html

[ SHOP DATA ]
仙台舟丁 石橋屋
仙台市若林区舟丁63
電話 022( 22 )5415

***** 「 味噌ぱん & マコロン 」 ・ 完 ********

  


Posted by ニヘドン at 23:02Comments(0)和菓子