2010年02月04日

仙台・石橋屋の「 おまけ 」

2010年01月23日(土)

マダム杜子に連れて来て貰った、昔ながらの和風建築の和菓子屋さん「 石橋屋 」に来ました。
「 石橋屋 」については 「 ドンドン日記 」に
書いた「 二へドンの『 仙台日記 』 」を
お読み下さい。
→ http://nihedon.hama1.jp/e814723.html

石橋屋さんは、二へドンが子供の頃に食べた駄菓子
なんかよりも、もっともっと古い、限りなく江戸時代に
近い頃の駄菓子を売っているお店です。
化粧箱入りの贈答用セットは、3,000円とか
5,000円します。
そんな値段が付いたら、もう全然「 駄菓子 」なんかじゃ
ありませんよね~。

丁度、横浜に夜行バスで帰る日に、
ノイズ・ミュージシャンの伊藤まく氏のライブが有るので、
そこで皆で食べようと、ちょっぴり詰め合わせを買いました。
お会計を済ませると、お店のおやじさんが、
「 おまけ 」をくれました。
写真が、その「 おまけ 」です。
なかなかどうして「 いい 」お値段のお店なので、
2つだけでも、すっごく嬉しかったです!!

帰宅し、息子ちゃんと半分ずつ食べてみました。
まず、円形の黒いお菓子は、見た目は固いかりんとうの様なお菓子に見えますが、
口に入れてみると、むにゅ~と柔らかいのですぅ。
黒糖の甘さが口いっぱいに広がります。
日本の昔のお菓子って、味がシンプルですよね。
西洋のお菓子の様に、あれこれ混ぜて味を出すという事を、あまりしません。
甘さを出すには黒糖。 ただそれだけ、みたいな。

もう1つの細長いお菓子は、黄な粉がまぶしてあって、
余りの素朴さに涙が出ます。

年齢の割にはグルメ・ライフを満喫している息子ちゃんも、「 なかなかいい。」 と
宣まっておりました。
仙台駅ビルの売店では入手できない、レアなお土産だったと思います。
是非皆さんも、行ってみて下さいね。
お店の前には枝垂れ桜の木が有り、満開時には、隣の川の上に枝を垂らして咲く風情が
妖艶なんだそうです。

石橋屋 電話 仙台 ( 22 )5415

***** 「 仙台・石橋屋の「 おまけ 」 」 ・ 完 ************  


Posted by ニヘドン at 02:14Comments(0)和菓子

2010年02月01日

名物・片瀬饅頭

執事のセバスチャンが江の島へ出掛けました。
彼は、「 いい物を買ったから、楽しみに待て。」と思わせ振りなメールを送って寄越しました。
察しは付きました。
執事のセバスチャンが
「 江の島でいい物 」と言ったら、饅頭しか有りません。
彼が洋菓子をお土産に買って来た試しは有りません。

ほら。やっぱり。
カメヤのお饅頭でした。
ごくごくオーソドックスな、温泉饅頭スタイルのお饅頭です。

このシンプルさが美味しいんだよね〜。
数年振りに食べたけれども、美味しさがアップしている様に感じました。

あんこの甘さも丁度いいし、皮も、しっとりしていて厚過ぎず薄過ぎず。
長年培って来た伝統の味を、これからも末永く続けていって欲しいです。

*****************************

実はこの後、ちょっとした事件が起こりました。
お饅頭は1箱に9個入っておりました。
二へドンが1個食べて、執事のセバスチャンが1個食べて・・・・・・・・・・・。
翌日、執事のセバスチャンの部屋に、空っぽになったお饅頭の箱が転がっているのが発見されました。
犯人は・・・・・・・・・・!?

息子ちゃんでした。 饅頭ほぼ1箱一気食いです!!
彼が甘党なのは知っていたつもりですが、まさかここまでだとは・・・・・・・・読みが甘かった!
甘いのは饅頭だけにして欲しい!!

[ SHOP DATA ]
江の島 片瀬 カメヤ
藤沢市片瀬海岸1-12-23
電話 藤沢 22-4713

***** 「 名物・片瀬饅頭 」 ・ 完 ***************


  


Posted by ニヘドン at 18:26Comments(0)和菓子

2008年04月20日

聖護院生八つ橋春バージョン

フラワーアレンジの先生が、京都に旅行に行きまして、
お土産に生八つ橋を買って来て下さいました。
最近「おたべ」を食べる機会が多かったので、「 おおお! 聖護院の存在をすっかり忘れていたあ〜! 」と、ちょっぴりカルチャーショックでした。
ニヘドンが子供の頃は、八つ橋と言えば、この聖護院でしたからねえ…。
ニッキの粉がかかった堅い八つ橋が大好きだったんだよなあ!
聖護院も生八つ橋を作り、しかも春バージョンも作るんだ。
時代の変遷を感じます。一途に、堅い八つ橋だけを作り続けていってほしかった気もしますが…。
生八つ橋の皮にも、やっぱりニッキの粉がいっぱいかかっていて、ニッキの香りがプーンと鼻くうをくすぐります。
生八つ橋の良い所は、1つのサイズが小さめな所。
大きな大福餅なんかだと、中にぎっちり詰まったあんこで「もう駄目」状態になりますが、生八つ橋は中のあんも、か弱い女性のお口にぴったりの軽目の量だし。
ああ〜! 京都に行きたくなりましたよ!
石田〜リン、今度のオフの日はニヘドンと京都へ行くんだぞ!


本日はデータはありません。
何故なら、フラワーの先生が箱を捨ててしまったからです。( 笑 )

***** 「 聖護院生八つ橋春バージョン 」 ・ 完 ****************
  


Posted by ニヘドン at 14:31Comments(0)和菓子

2008年04月11日

餅米あん入り生八つ橋 「春」 おたべ桜餅風味

「期間限定」に弱いニヘドンは、「おたべ・抹茶」と共に購入。
きなこがまぶされた外側の皮は普通のおたべと一緒だが、「春」バージョンは何と、あんが餅米!!
だから一口噛み切った時の食感が餅っぽくて最高! 餅米の粒々感も、ちゃんと有ります。桜餅と、おたべを両方一緒に、頂いている充実感。
大変気に入りました。
データ :
名称 : 生菓子
原材料名 : 砂糖、 米粉、 白生あん、 餅米、 きな粉(大豆)、 桜葉、 食塩、 酵素、 着色料(コチニール)。
内容量 : 5個。
保存方法 : 直射日光、高温多湿な場所を避けて常温で保存して下さい。
製造者 : 株式会社おたべ
〒601-8446 京都市南区西九条高畠町35-2
お客様係 / フリーダイヤル 0120-8284-39

・ 本品製造工場では小麦・卵・乳を含む製品を生産しています。
栄養成分表示1袋(5個)当たり
熱量 308 kcal
脂質 0.7g
ナトリウム 19.6 mg
たんぱく質 3.1 g
炭水化物 72.5 g

***** 「 餅米あん入り生八つ橋 「春」 おたべ桜餅風味 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 08:22Comments(2)和菓子

2008年04月10日

おたべ抹茶

京都駅で思わぬバスの時間待ちが1時間できた。駅ビルの店舗は、ほとんどが閉まっていた。コンビニが開いていたので、入ってみた。おお、最近のコンビニには、地方の土産品も置かれているのか。息子ちゃんの土産に京都の定番土産品「おたべ」を買う。
抹茶ときなこと、あんこの風味がいい感じ。「おたべ」は永遠のベストセラーだよね〜。
ニヘドンが小学校の修学旅行で京都・奈良に行った時代、まだ生八つ橋は存在しなかった。八つ橋と言えば、固いせんべい状の八つ橋だった。
固い八つ橋も、当時は大好きだったが、「風味」と言う点では生八つ橋の方に軍配だよなあ。
6個入りのミニパックを買ったが、5個を息子ちゃんに食われた。(泣)
  

Posted by ニヘドン at 18:39Comments(5)和菓子

2008年03月05日

豆乳クリームのあんみつ大福

「銀座中条」シリーズ第2弾 。
今の時期は、この商品に力を入れているようですね。 店の外にも販売台を出して置いていました。
もちもちの真っ白い皮に、あんことクリームとみつ豆と寒天が上品な美味しさを醸し出しています。
うん! 確かに、あんみつの味がします!
こう言う新しく創作したお菓子って、コンビネーションが無理矢理だったり、チグハグだったりするのですが、これは上手く一つにまとめています。まるで昔から、こういうお菓子が存在していたみたいな味わいです。
これも試食の為に4個入りの小さい箱を買いました。
合格! 美味です!
ただ、外側に上新粉がまぶしてあるので、付き合いだして日の浅い彼氏の前では食べないのが無難です。PCのキーボードの上で食べるのも避けましょう。
一つリクエストをさせて貰えれば、中の寒天が、もっと多い方が、もっと美味しいと思います。

本物の 「 あんみつ 」は、甘味処で注文すると、やたらデカくて、うんざりする事もあるが、この 「 あんみつ大福 」なら
本の4口位で、あんみつの味わいを楽しめます。

箱に入っていたリーフレットの文章。
「 豆乳クリームを、まんなかに、
  あんは、なめらか黒みつあん
  みつは、みつ豆ちょいとまぜ
  ぱくりと食べれば
  あんみつとろり
  これが、銀座のあんみつ大福 」

「 冷蔵庫で解凍して、ひんやりお召し上がり下さい。 」
う! 二へドンは、こういう解凍物は苦手です。 一番美味しく食べるタイミングがよく分からないのですよ。
冷凍ずんだ餅も苦手です。 だから、地元で生を食べるのが好き。 それが一番美味しいよね!

「 冷凍庫 ( マイナス18℃以下 )で保存して下さい。
  お召し上がりの際は、冷蔵庫で2~3時間程度解凍し、冷蔵庫で保存の上、2日以内にお召し上がり下さい。 」

1つは事務局長さんに試食していただき、1つは二へドンがお味見。 1つは佐藤君に与えてみました。
佐藤君も、なかなか気に入ったようですが、口の中に頬張っている時に大笑いし、喉につまらせる所でした。
スイーツを食べる時は、心安らかに、大人しく食べましょう。
さて、頭脳明晰な貴方なら、4個入りのあんみつ大福が、3人に1つずつ渡ったのだから、後もう1個残っているはずだと気がついた事でございましょう。 さあ、どうなったのでしょうか?
答えが分かった方は、ドシドシ コメント欄にお寄せ下さい。

 
「 データ 」

名称    : 生菓子
原材料名 : 赤生餡、 もち米、 砂糖、 黒糖、 トレハロース、 水あめ、 食用精製加工油脂、 赤えんどう、 豆乳、
         でん粉、 ぶどう糖、 寒天、 食塩、 黒みつ、 乳化剤、 酵素 ( 大豆由来 )、 メタリン酸Na、 
         乳酸Ca 、 
内容量  :  4 個
販売者  :  株式会社 銀座中条PH
         〒 104-0061 東京都中央区銀座5丁目6番15号
         電話 0120-55-9628


***** 「 豆乳クリームのあんみつ大福 」 ・ 完 ************
  


Posted by ニヘドン at 14:21Comments(4)和菓子

2008年03月02日

豆乳あずきの大あくび

ナオさんがピエール・マルコリーニのパフェを食べに行った時、通りの向かいの和菓子屋さんが、若い女の子達で賑わっていたそうです。
「この店をリサーチせよ。」と言うミッションを受け、行って参りましたよ〜。
最近、建てたと言う風情の広々した明るいモダンなデザインの店。道路には「あんみつ大福」の売り台が出ています。ニヘドンが店内に入った時には、他のお客さんは1人か2人だけがいました。
お店の名前は、「 銀座中条」です。…ちゅうじょう」ちゃいまっせ。「なかじょう」でっせ。
お買い上げの商品を入れてくれるレジ袋には、「豆乳おかき」と印刷されているので、おかきが主力商品なのでしょう。確かに、店内にも、おかきが数種置かれています。
このお店は、ニヘドンは初めて訪れたので、並べられている商品全てが欲しくなります。まずはタイトルにもある「豆乳あずきの大あくび」をゲット。本当はナオさんにお土産として持って帰りたかったのですが、如何せん生菓子なので、翌日が消費期限なのよ。
ニヘドンの日記で想像してみて下さいませ。
これは、お餅にあんこを乗せた、言わば「赤福餅」。もうずっと赤福も手にする事がなかったので、ショーケースに置かれているのを見て飛びつきました。まずは試食なので、6個入りの小さい箱をゲット〜!
あんこの上部をへこませているので、それを「あくび」になぞらえたのが商品名の由来です。
包装紙にはこう書かれています。
「 豆乳で小豆を炊く
豆が豆の旨さを
誘い出し
豆の香りが
響きあう 」
一口食べてみました。
豆乳の存在感はありません。匂いをかいでみました。ん−?
あんこ臭さも、ややマイルド? でも食欲をそそる香りでは無い。お餅は固め。固めと言うと語弊があるかな?歯ごたえがあり過ぎて顎が疲れる? でも健康の為には、これ位噛み応えのある物を食べた方が良いのでしょうね。
あんこは滑らかで甘さ控えめ。いいんですけど、ニヘドン的には、冷凍でも赤福の方が美味しいと思うかな?

データ
名称 : 生菓子
原材料名 : 砂糖 、 小豆 、 もち米 、 豆乳 、 トレハロース 、 水あめ 、大豆粉 、 酵素 、 増粘多糖類 。
販売者 : 株式会社銀座中条KD
〒104-0061東京都中央区銀座5丁目6番15号
電話 0120-55-9828
03-3569-2925

***** 「 豆乳あずきの大あくび 」 ・ 完 ************
  


Posted by ニヘドン at 22:12Comments(2)和菓子