2014年03月11日

沙棋瑪( サーチーマー )

沙棋瑪
2013年05月04日(土)
二へドンの戸籍上のOtto 君は、結婚前は旅行会社の社員で台北の駐在員でした。
もう辞めてしまって、全然別の仕事をしているのですが、今でも台湾との繋がりは緊密です。
ですから、台湾土産は年柄年中、我が家に有ると言う状態です。
台湾のお土産No.1は何と言っても鳳梨酥 ( フォンリースー )と言うパイナップルケーキですが、
ちょっと珍しい沙棋瑪( サーチーマー )を頂きました。
珍しいとは言っても、写真を見て頂ければ分かる様に、日本人には馴染み深い「 おこし 」に酷似しています。

台湾四秀と言うメーカーの商品です。
実際に食べてみると、「 おこし 」によく似た外観から受けるイメージを裏切られました。
もっと固くて、カリカリしているのかと思ったら、
「 ふにゃ~。 べちょ~。」ととした歯触りに、
腰が抜けそうになってしまいました。
でも、癖になります。

アメリカのお菓子の様な毒々しい甘さは無く、手づくり感の有る優しい風合いのお菓子です。
でも、1つが大きくて、高さが有るので、小さい子供は食べにくいんじゃないかなぁ?
子供をそんなに甘やかさずに、大きな口を開けて、かぶりつかせるのかなぁ?
台湾の子供の教育は、厳しいからなあ。
二へドンが、台湾に行った時、公園の池の畔で休んでいたら、
ランニングにステテコ姿の爺さんが、自分のビーチサンダルを脱いで、
それで4~5歳の孫(? 他人の子供だったら、怖い!) をぶったたいていたのを目撃してしまったんだよぉぉぉぉ。
日本やアメリカだったら、間違いなく幼児虐待と見做されるよね。(笑)

さて、戸籍上のOtto君は、また今月、22日から台湾に行きます。
どんなお土産を持って来てくれるのか、センスの無い男ですけれども、楽しみです。

***** 「 沙棋瑪( サーチーマー ) 」 ・ 完 *****  

Posted by ニヘドン at 18:28Comments(0)エスニック

2012年04月17日

トルコ料理「 パシャ 」のランチ・デザート


2012年04月11日(水)
大阪・東心斎橋にあるトルコ料理店
「 パシャ 」。
そこで「 トルコ家庭料理 」ランチを
楽しんだ後、お手洗いに行った
二へドンは、トイレ内に貼ってある
ポスターにこう書かれてあるのを
見つけました。
「 ランチセットを頼んだお客様は
  デザート 200円。」
うわあお! 
これは頼まなければなりません!!

テーブルに戻ると、早速デザートを注文しました。
出て来たのが、写真の「 バクラヴァ 」 ( Baklava )です。
このお菓子は、トルコ人が最も好きらしいと言われています。
じゃあ、日本人が最も好きらしいお菓子は何だろう?
おはぎ? 柏餅? かっぱえびせん? ( 笑 )
このお菓子は、紀元前8世紀のアッシリア時代にダマスカス地方で
作られていたんだそうな。
現在ではトルコだけではなく、アラビア半島、北アフリカ、中央アジア、
ギリシャ、インド、アメリカでも多く食されているんですって。
え!? 何で、アメリカって思っちゃいましたが、
19世紀にチェコ人の移民者達がテキサス州にバラクヴァを広めた曰くが有ります。

バラクヴァの基本形は、
「 何層も有る薄いパイ生地の間にピスタチオナッツが織り込まれた
  シロップ漬けの甘いお菓子 」と言うものです。
世界に広がったバラクヴァですから、各地で様々な変化形が有ると思うのですが、
トルコ料理店「 パシャ 」のバラクヴァは、
店主のオスマン・ヤシャル氏がテーブル迄、運んで来てくれて説明をしてくれました。
「 パイ生地にナッツと蜂蜜の入ったデザートです。」

そうか。 シロップよりも、蜂蜜を使った方が、よりヘルシーだよねえ。
パイ生地の下の方にナッツが、あんこの様に固まって入っており、
中には蜂蜜が、とろ~り。
生地のサクサク感と、蜂蜜のトロ~リ感が相俟って、実に美味しいです。
チョコシロップも添えられ、サイズが小さいものの、デザートとしては大満足です。
言わなかったのに、ちゃんとフォークを2つ持って来てくれました。

日本にも有りますよ。
バラクヴァに似ているお菓子が。
LOTTE の「 パイの実 」!! ( 笑 )
因みに、世界で最も美味しいバラクヴァは、
トルコのカジアンテーベのものだと言われています。
いつかトルコに食べに行かなければならんだろう。


右の写真は、ランチセットの中に含まれている
トルコ・チャイです。
単品価格は 300円です。
角砂糖が1つ添えられていたので入れてみましたが、
甘さ加減が微妙でした。
きっとまた、大阪に行ったら、パシャに行くと思います。
今回は、店主のオスマン・ヤシャルさんとあんまり
お喋り出来なくて、ちょっと残念でした。

関西にお住まいの皆さん、是非トルコ料理を楽しんでみて下さいね!!

***** 「 トルコ料理「 パシャ 」のランチ・デザート 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 02:36Comments(0)エスニック

2010年08月04日

Tabela の 「 ムサカ 」

2010年07月26日(月)

渋谷 UPLINK に 「 ストーンズ イン EXILE 」と言う映画 & トークショー を見に来ました。
何だかとっても混みそうだったので、整理券配布開始時間の 18:00を目指して行きました。
意外と他のお客さんの出足は遅くて、ニヘドンがゲットした整理券番号は8番でした。
整理券をゲットしてしまうと、今度は開場時間の19:00まで時間を潰さなくてはなりません。
はい。UPLINK の1階のカフェ 「 タベラ 」に行きましょうね。

このお店に来るのは2回目です。
前回はランチタイムだったので、満席状態でしたが、月曜日の18:00過ぎは、3分の1のテーブルが埋まっている感じです。
何と案内されたテーブルが個室ムードのボックス席です。
ニヘドン1人なのに!?
思わず案内してくれた女の子に尋ねてしまいました。
「 本当にここでいいの? 」
女の子は、逆に「 何で? 」って顔をしていました。

まさか、この間ここでコーヒーを飲んだ時に、「 あのボックス席で、ぬいぐるみ達と一緒に座りたかった。」と書いたブログをお店の人に読まれた訳では無いですよね?
ブログのアクセス数が増えると、当の本人なり関係者に読まれる事が往々にして有りまして、後で顔から火が出る様な思いをする事が有ります。

「 Tabela 」の「 ムサカ 」は厚切りトーストをくり抜いて、トマト、挽き肉、ジャガイモ、ナスがギッシリ詰まっています。
トーストのサイドにはフェタチーズが豆腐の様に置かれており、食べると糸を引きます。
ルッコラみたいなハーブテイストの細長い葉っぱが3枚乗っかっていました。
ニッキの様な、シナモンの様なエスニックな味付けが病み付き!
最初、量が少ないかなあ?と危惧したのですが、これだけ野菜が豊富に使われていて、味付けもしっかりしていれば、ニヘドンの夕食としてぴったりです。
それを考えると、500円と云う値段は安いですよ。
普通、こういうエスニック・メニューは、べらぼうに高い価格設定になっているものですからね。
あ、でも、Tabela のホームページではムサカは580円になっていたんだけど…。

ムサカと云うのは東地中海沿岸の野菜料理の名称です。
起源はアラビア語で「 冷やしたもの 」を意味します。

「 Tabela 」は、UPLINK で上映する映画に合わせてカフェにスペシャル・メニューを登場させます。
この「 ムサカ 」は、書籍「 ロッカーズ ダイアリー 」の発刊記念メニューです。
映画「 ロッカーズ 」のセオドロス・ハルファコス監督がこの本「 ロッカーズ・ダイアリー 」の著者なのです。
ハルファコス監督はギリシア出身なので、ギリシアの郷土料理「 ムサカ 」が登場した訳なのさ。
「 ムサカ 」は国や地方や家庭によって、様々なバリエーションが有ります。
日本の味噌汁のバリエーションと一緒だわさ。

ニヘドンはギリシアに行った事が無いので、実食はしていないのですが、行った事の有る人に聞くと、ギリシアの一般的なムサカは、ラムの挽き肉とペシャメルソース( ホワイトソース )が使われるそうです。
ヨーグルトから作るクリームソースと葡萄の葉の仄かな香りが特徴なんだって。

Tabela のメニューには、ムサカの説明は、こう書かれていました。
「 米ナスと牛挽き肉のチーズオーブン焼き 」。
チーズはチーズでも、フェタチーズが使われているのが嬉しいですね。
二へドンは、モッツァレラとかフェタとか、ちょっとクセの有るチーズが大好きなんです。
勿論、ブルーチーズ最高!!
フェタチーズは、白色の、ねっとりとした塊状の外観をしており、腐った豆腐みたいです。
以前は、どこの国の物でも、フェタチーズと呼ばれていたのですが、
現在はEUが、ギリシア産の物に限って「 フェタ 」 と言う名称を使う事を許可しています。
だから、本当の所、このムサカに使われているチーズが、「 フェタ 」かどうかは、
お店の人に確認しないと分からないなあ・・・・・・。
でもきっと、お店の人も分からないかもです・・・・・・。
訊きそびれちゃった。

このお店の名前「 Tabela 」 は、二へドンは「 食べた 」 のダジャレかと思っていました。( 笑 )
そうしたら、ポルトガル語で、「 テーブル 」の意味なんですってね。
実際に、お店で使用しているテーブルは、ブラジルからオーダーして輸入したものだそうです。
だから落ち着き加減が違うんだね。
¥450.-のコーヒーを飲みながら、映画の開場時間までまったり過ごす至福のひと時。
¥450.-のコーヒーは高過ぎるよーと思いましたが、
映画のチケットを購入すると、このTabela で使える200円引きのクーポンをくれるので、
それならば二へドンの許容範囲です。 許す!!

***** 「 Tabela の 『 ムサカ 』 」 ・ 完 ***********

  


Posted by ニヘドン at 01:10Comments(0)エスニック

2008年08月08日

タピオカココナッツミルク

2008年08月06日(水)

jonathan's のカレーフェアのメニューを頼むとプラスオーダー出来る「 カレーセット 」。
ドリンクバーとデザートが選べる。
290円 ( 税込み 304円 )。
サービスセットだから、どうせミニミニサイズなんでしょ、とタカを括っていたら、結構なボリュームだった!
ココナッツミルクの中に、タピオカ、小豆、ギュウヒ、マンゴーの角切りがギッシリ。
カレーフェアのメニューを頼むなら、カレーセットを頼まにゃ!ですよ。

***** 「 タピオカココナッツミルク 」 ・ 完  ***********  


Posted by ニヘドン at 09:13Comments(0)エスニック

2008年04月05日

マハジャブ (野菜クレープ)

アフリカンフェスティバルのフードエリアのアルジェリア・ブースで発見。(パンフレットの11番)。
野菜クレープと言う説明が書かれていました。既に焼いたストックを、注文するとホットプレートで温めてくれます。
イートインコーナーが暗くて、中に入っている野菜が何なのか確認出来なかったのですが、ピーマンと人参の細切りは入っていました。パプリカ味のピザソースみたなのが塗られていました。
クレープと言うよりは、韓国のチヂミと言う感じです。
余りエスニックなメニューは苦手な佐藤君も、パクパク食べていたので、普通の人々も十分食べられると思います。
1枚300円。

お好み焼き系は、どこの国でも、美味しいが、ちょっと難点は、油分が多すぎる事かな。
各ブースで、店番をしていた女性達の大半が重量級だったのが、ちょっと気になりました。


***** 「 マハジャブ ( 野菜クレープ ) 」 ・ 完 ************
  


Posted by ニヘドン at 00:16Comments(0)エスニック