2008年08月31日

クッキークリームチーズケーキ

2008年08月09日(土)

Portofino ( ポルトフィーノ )のディナーセット には、自分の好きなデザートを1品チョイス出来る。
ニヘドンのチョイスは「 クッキークリームチーズケーキ 」。
勝手に黄色いチーズケーキを思い描いていたら、何と目の前のテーブルに置かれたケーキは黒かったので、ちょっとビックリしました!
プレートの上には大きくチョコレートで円を描く様に、デコレートされていました。
生クリームとベリーソースが添えられています。
チーズケーキの、ねっとり感と、クッキーを砕いたザラザラ感がマッチして、いい感じ。
ニヘドンは最近富に、1度に2つの食感を楽しむ事にウハウハしてしまうので、いとも簡単に陥落させられてしまいました。
甘さも濃厚です。
単品で頼むのと同じビッグサイズなので、最後の方は無理矢理に胃に流し込んだ感じでした。
メインのスパゲティーもボリュームあったし、少食の人は、お覚悟召されい!

  

Posted by ニヘドン at 16:21Comments(0)

2008年08月30日

LIMONELLO cucina italiana

2008年08月26日(火)
東京文化会館で石田泰尚様のリサイタルに酔い痴れた。
「 もうニヘドンはお家に帰らない! 」
ほーら、好きな男にメロメロにされると直ぐに悪い病気が始まるんだよね〜。
お家に帰らないったって、石田様が付き合ってくれる訳でも無いんですが…。
そう言う時は、グルメ探検!!

たまたまニヘドンの隣に座った若いお嬢さんと一緒に上野駅の アトレに行く。
実はニヘドンはこの上野駅アトレは未体験ゾーン。
1番手前に合った
イタリアンレストラン「 リモネッロ 」に入る。
お嬢さんはペンネ、ニヘドンは演奏会前に夕食を済ませてしまったので、
「 日替わりデザート 4種の盛り合わせ 」1,000円也を注文した。
運ばれて来たプレートの第一印象は、
「 う! ち…小せい…。」
「 盛り合わせ 」と言う言葉は、ニヘドンの思考回路の中では、勝手に 「 てんこ盛り 」と言う言葉に置き換えられるらしい。
4種のデザートとは…。
・ バニラアイス
・ パイナップルのタルト
・ マンゴームース
・ 桃のコンポート

全部、一口サイズに小さいが、バニラアイスには、ちゃんとバニラの黒い粒々が入っている。
パイナップルのタルトも甘酸っぱいパイナップルの、ほのかな甘味が鼻先に抜けて行く。
マンゴームースも爽やかな味わい。
何と言っても絶品だったのが、桃のコンポート。
アーモンドスライスの上にゼリー掛けの桃が乗っているのだが、生の桃の実にかぶりつくより、旨い!
何だ、この桃のコンポートは!?
一体どうやったら、この桃ね旨味を引き出せるのだ?
大体、果物なんて、加工した時点で、鮮度・風味は、徐々に落ちていくものではないか。
余りの旨サニー、1,000円と言う値段を思わず許してしまった。
ブレンドコーヒーが1杯580円と高目なのも許してしまった!
「 桃〜! 」
まさか LIMONELLO と言う名前のレストランで、桃に心を奪われるとは!

プレートのデコレーションも可愛い。
ブルーベリー、ラズベリー、ピスタチオを刻んだもの、パウダーチョコ、ミントの葉と凝っている。

これらの材料を全部スーパーで買おうと思うと、1,000円では買えないだろう。ま、妥当な値段と言う事か。
アメリカのスイーツと違って、甘さでごまかさないので、大人の女性に是非味わって貰いたいデザートです。

DATA :
「 イタリアンレストラン リモネッロ 」
東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野6020
電話 03-5826-5870
fax 03-5246-6522
limonello@stillfoods.co.jp
www.stillfoods.com
営業時間 11:00〜04:00 ( L.O.)

***** 「 LIMONELLO cucina italiana 」 ・ 完 *********
  


Posted by ニヘドン at 00:21Comments(0)デザート盛り合わせ

2008年08月24日

神奈川県指定銘菓「鶴見めぐり」

2008年08月24日(日)

バイト先で賄いを頂いている時に、入院先の別荘から、シャバに出て来た板前さんが持って来たお菓子を頂いた。
鶴見の指定銘菓で、TVでも紹介されたそうである。
外側はパイ生地で、中に粒あんがギッシリ入っている。
美味しいは美味しいが、オリジナリティーに欠けるかな?
鶴見の必然性を感じらるないんですけど…。
店長も食べながら言っていました。
「 こういうのって、自分で食べる為に買う人って、いないんじゃないの? みんな贈答用に買うんでしょ?
そうだなあ…。
ニヘドンも頂いたから食べたけど、自分でお金を使ってまでは買わないだろうなあ…。
じゃあ、ニヘドンがお金を使ってでも欲しいもの……。
そ、そりゃあ、やっぱり、石田様の……い…石田様の……ごくり。
DATA :
品名 : 鶴見めぐり
名称 : 菓子
原材料名 : 小麦粉、北海道産小豆、砂糖、北海道産バター、食塩、( 原材料の一部に乳製品を含む。)
保存方法 : 直射日光・高温多湿を避けて冷暗所に保存。
製造者 : (資)ふくべ菓子舗
神奈川県横浜市鶴見区生麦5-9-4
電話 045-501-5912
  

Posted by ニヘドン at 23:28Comments(0)

2008年08月23日

クランベリーシトラスバー

2008年08月22日(金)

映画「 ハムナプトラ3 」を見終わった後、バス停に向かった。
丁度、後5分でバスが来ると言う、時間的にはナイスなタイミングだったが、バス待ちの人の列が、地球を3周半する程長かったので、ビビって次のバスに乗る事にした。
次のバスまで、スターバックスで時間を潰す事にした。
横浜駅から横浜山岳民族特別自治区まで直行のバスは1時間に1本だけなのである。
仙台駅から登米行きのバスの方が、時間帯に依っては、もっと本数が多いかも…。
恐るべし…。 横浜山岳民族特別自治区。

さて、スターバックスの経営方針は嫌だね。
注文カウンターにどデカいガラスのショーケースを置いて、サンドイッチやスイーツを並べて、女の子の心を惑わすからね。
今日もやっぱり頼んじゃいました。
「 クランベリーシトラスバー 」。290円。
生地に混ざっているクランベリーの実の、ねっとりとした食感と、上を覆うクランチのサクサク感がマッチしている。
それを包み込むレモンの爽やかな香り。
なかなかどうして、アメリカン・スイーツにしては良い感じです。
アメリカン・スイーツにシトラス風味って珍しくない?
普通はチョコとか、ハニーとか、キャラメルとか、バニラとか、近い将来の己れのメタボな姿を容易に想像出来るフレーバーのオンパレードだよねぇ?

今回のクランベリーシトラスバーは、値段と味のバランスが良かったと思います。
スイーツのお供は「 本日のコーヒー 」アフリカン・キダム。
ホットのショート・サイズ。 290円。
アフリカン・キダムは、東アフリカ産だが、爽やか過ぎて軽過ぎる。夏場にはピッタリなんだろうけど。
もっとべったりとまとわりつく様な濃厚なコーヒーを飲みたかったな。

***** 「 クランベリーシトラスバー 」 ・ 完 ***************

  


Posted by ニヘドン at 21:53Comments(0)焼き菓子

2008年08月19日

お菓子な試験


Posted by ニヘドン at 01:22Comments(0)

2008年08月17日

シーメンズクラブのデザートセット

2008年08月15日(金)

ワーナー・マイカル・シネマズで「 カンフーパンダ 」を見た後、猛烈にコーヒーを飲みたくなった。
ワールドポーターズのコーヒーを飲める店は、どこも人が溢れていたので脱出。
ふっふっふ。
ニヘドンは、近くにもの凄い穴場の店を知っている。
それが NAVIOS 3階の 「 シーメンズクラブ 」だ。
ニヘドンが知っているティータイムのシーメンズクラブは、ガラ空きなのだが、この日はお盆休みのせいか、団体客で混んでいた。
コーヒーだけ頼むつもりが、メニューのデザートセットの写真を見たら、デザートセットを頼みたくなっちゃうのは悲しい女の子の性よね。
ニヘドンはいつも季節限定メニューを頼むが、今の時期は「 ベルギーワッフル マンゴーソース添え 」。
すかさず頼んだ。
デザートセットは、ワッフルとドリンクで800円( 税込み )。
案内された席は4人掛けのソファー席。
ソファー席を独り占めして赤レンガ倉庫と横浜ベイブリッジの景観を楽しむ。
空は水色。
何度見ても素晴らしい景色だ。
こんな美しい街が地元だと言うのは誇らしい。( まあ、実際は横浜山岳民族特別自治区を下りて来なければならないので、厳密には地元とは言えないのかもしれないが…。)

運ばれて来たワッフルは、残念ながらイマイチだった。
ホームメードなのかもしれないが、マネケンのベルギーワッフルの様な柔らかさ、しっとりとした軽さが無い。
小学生対象のパン作り教室で、小学生が遊びながら作ってみたパンみたい。
粉がダマダマの生地で、ぼってり固く焼き上げてみましたって感じ。
マンゴーソースは、きちんとマンゴーの実の名残りが残っていて、良い仕事をしていました。生クリームとマンゴーソースでワッフルをくるむ様にして食べました。
コーヒーカップも、デミタス程は小さくないけれど、もっとガッツリと飲みたかったな。

店内のBGMはデキシー・ミュージック。 
家では決して聞かないタイプの音楽なので、たまにはこんな音楽もいいな。
この穴場のお店は、また来ますよ。 素晴らしい景色を独り占めする為に。

DATA : 
Seamen's Club

〒231-0001 横浜市中区新港2丁目1-1 ナビオス横浜3階
電話 : 045-633-6006(直通)
http://www.navios-yokohama.com

営業時間 : 11:00 ~ 23:00 ラストオーダー 22:30

ビリヤード(1時間) ¥1,000.-/ 台
カラオケルーム (1時間) ¥500.-/ 人

***** 「 シーメンズクラブのデザートセット 」 ・ 完 *********
  


Posted by ニヘドン at 21:49Comments(6)焼き菓子

2008年08月17日

チーズスフレと抹茶のアイス

2008年05月21日(金)

ロシア欧州料理店「 マトリョーシカ 」の「 ロシア Aセット 」に付いて来たデザート。
ニヘドンが 「 マトリョーシカ 」を好きな理由は、メニューや店のインテリアが女の子好みと言う事。
勿論、セットのデザートだって、女の子の気持ちを裏切りません!
チーズスフレは絶品!流石に、チーズを売り物にしている店だけの事はあります。
また、この店は、ロシア欧州料理店を謳ってはいるけれど、抹茶の使用頻度が高いのです。
「 ツボ焼き 」の蓋に使われるパンにも、よく抹茶が使われています。
美味しいチーズのデザート プラス 美味しい抹茶のデザート イコール 女の子幸せ!
ニヘドンがいつも「 マトリョーシカ 」で頼むのは、「 ロシア紅茶 」。
紅茶の中にイチゴジャムを入れるのだけれど、ただ闇雲にティーバッグから淹れた紅茶にスーパーで買って来たイチゴジャムを投入しても美味しくないから。
試しにやってみて!
ロシア紅茶に合う茶葉とジャムが有ります。
それに決め手は赤ワイン! これを抜いたら、絶対に
  

Posted by ニヘドン at 09:38Comments(0)

2008年08月12日

Cafe Parfun のシナモンシフォン

2008年03月23日(日)

大阪の難波駅に06:17 に到着した。
ニヘドン愛用の夜行バスでやって来たのだ。
生憎早朝から雨が降り始めた。
傘が無くとも何とかなる程度の降り方に見えたが、気分はどよ〜んとしてしまう。

さて、この日、ニヘドンは何故大阪に来たのでしょうか?

1.借金取りから逃れる為。
2.友達の結婚式に出席する為。
3.大阪城の天守閣の屋根に登りパフォーマンスをする為。
4.吉本新喜劇のオーディションを受ける為。
5.橋下知事にサインをねだる為。

違うよね。 全部、違うんだよね。
ニヘドンがどういう人間だか、知っている人なら、こんな無意味な選択肢には
惑わされないよね。

正解は、石田泰尚様がヴァイオリニストとして参加している 「 トリオBEE 」の追っかけの為で~す!!

で、コンサート前のお食事は欠かせません。
食べましたよ。 お昼を。
そしてですね。 会場前に来た時にまだ時間が有った。
こんな時に、あなただったらどうしますか?

1.楽屋口を見張る。
2.イケメン探し。
3.ベンチに座ってツルゲーネフなんぞを読みながら感傷に浸る。
4.道にお金が落ちていないか目を光らせて探し回る。
5.地元のおばちゃん達の井戸端会議の輪に何故か入っている。

ま、上の5つの選択肢の中で1番有り得るのが、5番なんだけれども、
ここでも、ニヘドンという未確認生物をご存知の方は、もう分かりますよね。

答えは、「 お茶をする 」

ふふふふ。 もうこれしかないんですよ。( 笑 )
  

Posted by ニヘドン at 10:48Comments(0)ケーキ

2008年08月11日

地獄の甘さ「アップルクリスプ」

2008年07月27日(日)

California Pizza Restaurant で食事を楽しんだ。
( 何を食べたかは 「 ドンドン日記 」をご覧下さい。)
食後にデザートを食べなきゃ、いかんだろう。
同席していた「 試写会の女王 」と一緒にメニューを舐める様に検討する。
試写会の女王は、チョコレートケーキに視線が止まっていた。
しかしニヘドンが「 アップルクリスプ 」の写真を指差し、「 これ New って書いてあるよ。」と言った。又、こうも書かれていた。
「 2〜3名分の量がございます。」
ほ〜。
ならば、これ1個頼んで2人で分けようよ〜。
そして頼みました。
「 アップルクリスプ 」。980円也。
注文を受けてくれたウェイターさんが、
「 無料でメイプルシロップをお掛けする事が出来ますが、お掛けしてよろしいですか?」
試写会の女王とニヘドンは同時に頷いた。
そして出て来ましたよ。

アップルクリスプ 」。
ドッカーン!
うひょ〜ん!!
2〜3名分の量が有るとは思ってはいたが、まさかここまでとは!
巨大ドームの様なアイスクリームが周囲を威圧する。
カウンター席の乙女2人は、想定外の大きさに暫し茫然とする。
目の前のアイスクリームのドームの頂上から、メイプルシロップが音も無く下に向かって垂れて行く。
「 …………。」
ハッと気付いた乙女2人は、慌ててスプーンを握り、戦闘開始です。
「 うっひょ〜。」
「 甘〜い。」
「 実にアメリカンな味です!」
「 この間カナダに行った時に食べたのと同じ味だ! もうカナダと来たら、何にでもメイプルシロップを掛けるからね。信じられます?」
巨大ココット皿の中に、いい感じに加熱され、やや紫っぽく変色したリンゴの身のスライスがゴロゴロ入っている。その上に巨大アイスクリーム。
アイスクリームの足元には、チョコレート味のクリスピーが置かれている。
先程からメイプルシロップがタラタラと下に向かって流れていたが、アイスクリームもタラタラ落下を始めた。たわいも無い事を話しながら、わしわしとデザートを食べていた。
目の前のアイスクリームのドームが半分の大きさになった時、ピタッと2人のスプーンを使う手が止まった。
おしゃべりだけは続いているが、デザートが放置されている!!

「 だから、チョコレートケーキにすれば良かったんだよ。チョコレートケーキなら、こんなに甘過ぎなかったんだよ。」
試写会の女王が突き放す様に言い放つ。
うきゃ〜!
女王様の激りんに触れてしまった!!
恐ろしや〜!!

二へドンは、ご飯は残さず食べるよう、母親に厳しく躾られたので、自分で注文したものは残したくない。
でも二へドンの血管内の血糖値はMAX 振り切りそうだ。
いじっこく、下のリンゴの切り身をつっつく。
二へドンは熱を加えて、身が透明になったリンゴの実が大好きなのである。

30分以上かけて、やっと、90%位を胃に流し込んだ。
やっぱ、腹八分目が正解です。
このデザートを試してみたい方は、4人以上で分けると、とても美味しく頂けると思います。
1人で食べたら・・・・・・・ 地獄の罰ゲームだよ。 きっと。


***** 「 地獄の甘さ 「 アップルクリスプ 」 」 ・ 完 *****  


Posted by ニヘドン at 00:45Comments(0)アイスクリーム

2008年08月10日

石焼ホットックと黒密きな粉アイス

2008年08月07日(木)

上野駅前のバンブーガーデンに入っている焼き肉屋「 土古里(トコリ) 」で、しこたま食べた。
デザートは別腹なので、当然締めにデザートを注文した。
同席した Tazoo のリクエストにより、
「 石焼ホットックと黒密きな粉アイス 」を二人で分ける事にした。
メニューの文章はこうだ。
「 アッツアッツの石にホットックを乗せて、黒密きな粉とアイスを乗せました。
そりゃもう美味し過ぎて申し訳ございません。」
食べる前から謝られてしまった…。
価格は 500円。( 税込み 525円。)
注文をしてから15分程待つと、ジュージューと音を立てる石の皿に乗せられて「 ホットック 」のお出ましです!
おおお! 石で焼く食文化! 石 … 石 …? 石田様 !?
石田様スペシャル!? 1人で顔を赤らめながらも、頂きます!

ジュージューの石鍋の上では6つに切り分けた「 トック ( 韓国のお餅 ) 」がジリジリと焼かれている。
その上にアイスクリームが、黒密ときな粉にまみれて、何とも甘い香りを周囲に漂わせています。
んー、ニヘドンも石田様にまみれて、甘いランデブーなんぞに酔いしれてみたい…。
あ、い…いかん。
久しぶりに妄想解禁してもうた。
トック自体は、餅ですから、特に味がどうのと言う事は無い。
ただ、やや硬めで、ニヘドンは日本の「 もち米でついた餅 」の方が、エレガントなスベスベ感があって好きだな。
全体的なお味は、もう最高!
重みのある石鍋が、リッチな雰囲気を盛り上げてくれます。
これで、小っちゃな器に、こじんまりしたデザートでは、庶民的な気分になってしまいますからね。
ホットックとアイスと黒密きな粉の奏でるハーモニーは、もう最高でございます。
石田泰尚様のソロも良いのですが、トリオ・リベルタが美味しいのと同じです。

もう一つ、このデザートの美味しい味わい方をコッソリと伝授致しましょう。
( スノブな彼氏とのデートの時にはしないでね! )
デザートを食べ終わった後の石鍋をスプーンで、こそげるのです!下に落ちた黒密きな粉が余熱で固まりかかっているのをスプーンで掬い取って食べるのです!
つまりデザートのデザートは「 飴 」って事ですよ。
アッツアッツのトロトロ飴は、もう本当に美味し〜い。
Tazoo も、この食べ方を涙とヨダレを垂らして喜んでおりました。
ニヘドンも Tazooも、すっかりこの店の虜になりました。
また来るぜ!

Data :
土古里 ( トコリ ) 上野バンブーガーデン店

東京都台東区上野公園1-52 上野バンブーガーデン3F
電話 : 03-5807- 2255
営業時間 : lunch 11:00 〜 16:30
dinner 16:30 〜 23:30


  

Posted by ニヘドン at 09:00Comments(0)

2008年08月09日

ラズベリーレアチョコレート

2008年08月07日(木)

STARBUCKS COFFEE & TSUTAYA 横浜みなとみらい店

映画「 ハプニング 」を見終わった後、TAZOO とデートの待ち合わせまで2時間以上あった。
こう言う時は、上述の店に洋書を読みに行く。
無料読みは出来ないので、STARBUCKS のコーヒーを頼む。
ショーケースを覗くと、ついついスイーツも頼んでしまうのが女の子の悲しい性である。
今日はあまり見ない「 ラズベリーレアチョコレート 」を所望。
これはショーケースに2つ入っており、ニヘドンが頼んだ直後に、隣のレジで外国人が頼んだので、危機一髪だった。
本日のコーヒー 290円。
ラズベリーレアチョコレート 420円。

このスイーツは3層になっている。
1番下がチョコレートのスポンジケーキ。
その上がホワイトババロア。
その上がチョコレートムース。
1番上には、こってりしたチョコレートが掛けられている。
チョコレートムースとホワイトババロアの間には、ラズベリーソースが仕込まれており、フォークを入れると、とろーりと出て来る。
全体的に濃厚な味だ。ニヘドンですら、半分で十分だ。
彼氏と一緒だったら、是非、半分こずつ、 LOVE LOVE 食べてみて下さい!

DATA :
STARBUCKS COFFEE & TSUTAYA 横浜みなとみらい店
#JIS2D64# 045-226-1073
  

Posted by ニヘドン at 12:21Comments(0)

2008年08月08日

タピオカココナッツミルク

2008年08月06日(水)

jonathan's のカレーフェアのメニューを頼むとプラスオーダー出来る「 カレーセット 」。
ドリンクバーとデザートが選べる。
290円 ( 税込み 304円 )。
サービスセットだから、どうせミニミニサイズなんでしょ、とタカを括っていたら、結構なボリュームだった!
ココナッツミルクの中に、タピオカ、小豆、ギュウヒ、マンゴーの角切りがギッシリ。
カレーフェアのメニューを頼むなら、カレーセットを頼まにゃ!ですよ。

***** 「 タピオカココナッツミルク 」 ・ 完  ***********  


Posted by ニヘドン at 09:13Comments(0)エスニック

2008年08月02日

wanofuのコース・デザート

2008年07月25日(金)

品川駅構内の和食レストラン「 wanofu 」のディナーコースで出されるデザートを紹介します。
「 小豆のチーズケーキと豆乳プリン 」です。
前菜からメインディッシュまでが、趣向を凝らした芸術品だったのである、その流れで見ると、正直、やや見劣りがしました。
見た目も味も地味でした。
小豆のチーズケーキは、チーズの味が3割なら、小豆の味が7割と言う感じ。
ニヘドンはもう少しチーズの味が強い方が好きだな。
豆乳プリンは、器が温かい状態で運ばれて来ました。感動!
豆乳臭ささは全く無く、つるりと喉を通ります。
コースにはソフトドリンクも付きます。
ニヘドンは、いつもの通り、ホットコーヒーです。
単品で頼むと650円するお高いコーヒーですが、コーヒーマシンで淹れた大量生産の味です。デザート&コーヒーはハズレでした。
メインディッシュに至るまでにシェフが燃え尽きてしまったのでしょうか?
650円出すならサイフォン・コーヒーが飲めるよね?
でも、食事はレベル高いので、是非また行きたいと思います。
( 出来たら、アノ方と! ・ 爆 )
  

Posted by ニヘドン at 12:21Comments(0)