2010年05月29日

ジョージア新商品試飲会のケータリング

2010年05月28日(金)

南青山で「 ジョージア
新製品先行試飲イベント 」が
あったので参加して来ました。
試飲したのは2010年06月21日(月)から
新発売される
「 ジョージア ヴィンテージ ダブルバリスタチャンピオン 」
です。
とてもクリアな飲み口が癖になりそう。
皆さんも是非試してみて下さいね。
このイベントの概要は
『「 ジョージア 新製品先行試飲イベント 」に参加し ました!』
http://nihedon.hama1.jp/e845161.html でお読み下さい。

さて、会場ではテーブルの上に写真の様なパンが置かれました。
ビニール袋に入ったパンは、お持ち帰りして
明日の朝の朝食に食べようっと!
と言う訳で、先ずはお皿に乗せられたものから食べて行きます。
サンドイッチ。 これは一口サイズの小さなものでしたが、
ハムときゅうりの物と、トマトときゅうりの物がありまして、
どちらも心の籠もった職人技が感じられます。
その辺のスーパーで売られているサンドイッチと、美味しいサンドイッチの
違いは何かと言うと、二へドンは最近、それは
パンに塗るバターやマヨネーズやマスタードの違いではないかと考えています。
もちろん、調味料が安い、業務用の1斗缶のものでは無いという事も1つの要因
でしょうし、何よりも、塗り方に心が籠もっているのですよ!!
調理師免許を持っている訳でもない、母の手料理が美味しいのも、
ここに秘訣が有ると二へドンは思っています。
美味しいサンドイッチは、コンビニに出すようには、大量生産をしないから、
塗る人の心が映っていますよ。
丁寧な仕事の結果が、美味しさに現れているのだと思います。

最近、「 ローズガーデン えの木てい 」でも、サイズは小さいものの、
美味しいサンドイッチに巡り会え、サンドイッチについている今日この頃で
嬉しいです。
「 ローズガーデン えの木てい 」 の記事は
こちら → http://yasunaolove.hama1.jp/e843952.html

ほうれん草のキッシュが2分の1。
これも、柔らかい塩味が利いていて、職人の技ここに有り! です。
そして、小さなタルト。
これはホイップクリームの上に薔薇の花びらが2枚乗せられ、
中央には薄くピンクに色付けされたホワイトチョコが、更に薔薇の花びらに
模された物が1枚乗っています。
美味しいー!!

これらを食べながら、合間合間に、
「 ジョージア ヴィンテージ ダブルバリスタチャンピオン 」 をぐびり。 ぐびり。
あのー、190g の缶では、全然足らないのですがー!!
お替わりは無いんですかー? ジョージアのお替わりは無いんですかー!?( 笑 )

*******************************

さて、一夜明けて、現在 2010年05月29日(土)です。
朝寝坊をした二へドンは、12:00 という非常識な時間に
朝ご飯兼昼ご飯、通称ブランチという奴を頂きます。
食べるのは、昨夜のイベントで頂いたパンです。
先ずは丸い形の「 シュガーバター 」 から頂きます。

美味しい~。 柔らかく、なのにサクサクする様な噛み応えが感じられます。
でれ~っと柔らかいだけのパンは二へドン嫌いなので、こういうパンは嬉しい!
歯で噛むと、パン生地は一瞬潰れます。
口を離すと、その潰れたパンが、又うにょ~んと立ち上がって来ます。
これ、これ! この弾力が堪りません!!
パンの色も黄味が強くて、二へドンの好みです。
二へドンはパンも麺も、黄色っぽいのが大好きなのです。

やたらめったら高級素材で飾り立てた、つんとした貴婦人みたいなパンではないです。
いつもニコニコ笑っている近所の優しいお母さんみたいなパンです。
だから見た目は何の変哲も無い地味なパンですが、
これは小麦の扱い方を知っている人の作品ですよ!!
折角のブランチだから、久し振りにコーヒーメーカーでコーヒーを淹れる事にしました。
コーヒーが落ちる間にうっかりと「 シュガーバター 」 を一口食べたから
さあ、大変!!
もう止まらなくなり、コーヒーが出来上がる前に「 シュガーバター 」を全部
食べてしまいました。

では、この美味しいパンの正体を発表してしまいましょう。
これは TVチャンピオン・第9回パン屋さん選手権で優勝経験を持つ
「 BAKERY PENNY LANE 」 ( ベイカリー・ペニーレイン )のパンなのです。
→ http://imagine.nasunogahara.co.jp/penny/index.shtml

こういうブロガーが泣いて喜ぶ曰く付きのパンを用意してくれるなんて、
主催者の日本コカ・コーラも只者ではありません。 むふふ。
スペシャルな特別なパンではなく、普段何気なく食べるのに向いている
凄く美味しいパンです。
ここのホームページを見ましたら、専用の機械を通して硬度ゼロの軟水、
イオン水にして使っているんだそうです。

二へドンが食べた「 シュガーバター 」は¥137.-。
もう1つの「 ブルーベリーブレッド・ハーフ 」は¥263.-です。

[ SHOP DATA ]
BAKERY PENNY LANE
栃木県那須郡那須町湯本656-2
 電話 0287-76-1960
 営業 08:00 ~ 18:00
那須って、美味しい物が多いですよねー。
「 那須高原 御用邸チーズケーキ 」 の記事は
こちら → http://yasunaolove.hama1.jp/e128996.html

では、「 ブルーベリーブレッド・ハーフ 」 を食べたら、又感想を書きますね。





  


Posted by ニヘドン at 12:18Comments(0)パン

2010年05月23日

雨の日の「 ローズガーデン・セット 」

2010年05月23日(日)

ニヘドンは横浜に住んで20年になります。
なのに、あの有名な有名な「 えの木てい 」を利用した事が有りませんでした。
今日はニヘドンのヴァイオリンの先生がイギリス館でサロン・コンサートを開きました。
聴きに行ったニヘドンは、家に直帰する訳がありません。
道をフラフラ歩き、山手 111番館までやって来ました。
「 確か、以前ここに来た時、館内にカフェが有ったのを見た気がする。」
庭の方に回り込んでみました。
生憎、朝から雨が激しく降っている日曜日だったので、庭園には人影は有りません。
駄目元で覗いてみると、おお! 
「 Rose garden Enoki tei ( ローズガーデン えの木てい ) 」は有りました。
お店に入った時間は16:30でした。
朝、小さな蒸しパンを1個食べただけで、お昼も食べていない二へドンはお腹
ぺこぺこです。

入り口を入るとバラをモチーフにした小物雑貨を扱うショップが有り、
その奥がカフェになっていました。
案内された席に腰掛け、メニューを見てハタと悩みました。
ケーキセット1,100円も良さげだし、ハンバーガーも美味しそうです。
ここのお店は、ケーキは単品550円~、 ドリンクは650円~です。
ケーキセットはお徳です。 
でも、後265円余分に出せば、アフタヌーン・ティーの2段重ねのプレートの
「 ローズガーデン・セット 」 ¥1,365.-が食べられます。
他のメニューは、いつか平日のランチタイムに来るとして、
今日はやっぱり 「 ローズガーデン・セット 」 にします。
ドリンクは、二へドンはいつもは珈琲党なのですが、
やはりイギリス館の近くのローズガーデンですから、お紅茶にしましょうね。
温かいキャラメル・ティーを、ミルクで注文しました。

白い丸っこいティーポットに入れられて、テーブルに運ばれて来ました。
ポット・ウォーマーが無いのは残念です。 
ポット・ウォーマーを着せて持って来て欲しかったなあ・・・・・・。
ホワイトシュガーとブラウンシュガーの2種が、シュガーポットに入っていました。
不揃いの大きさの砂糖の塊が入っているので、自分の好みの甘さに見合った
塊を選べば良いので、選ぶ作業がちょっと楽しかったです。
先ずは、砂糖もミルクも入れずに、ストレートで紅茶の味を楽しみます。
何だか薄くて、余り美味しくありません。
そこでお砂糖をたっぷりと、ミルクもたっぷりと加えてみました。
あ~ら、不思議、途端に、キャラメルのほのかな甘みと、バラの香りが
引き立って、とても美味しいミルクティーに変身しました。
キャラメルの香りより、ローズの香りの方が強い感じです。
この葉っぱは、ミルクティーで飲んだ方が断然美味しいですね。

店内は4人掛けのテーブルが10卓程有ります。
今日は雨が降っているので、外のガーデンテーブルは一切使われていないですが、
晴れた日には外でお茶も出来そうです。
この時の時刻は16:30と中途半端な時間でしたが、女性で満席でした。
薔薇のプリントの白いテーブルクロスが乙女心をくすぐります。
ここのお店は、お水までローズウォーターです。
薔薇の香りの苦手な人には、頼めば普通のお水も持って来てくれます。

2段重ねのプレートの下の段にはサンドイッチが4切れ乗っています。
具は、チーズ、ベーコン、きゅうりの3種で、マヨネーズと粒入りマスタードが
使われています。 パンは両面をトーストしてあって、滅茶美味しいのです。
パセリが添えられています。
こんなにしっかりと「 調理 」してあるサンドイッチは、滅多にお目にかかれませんよ!
しみじみと美味しさを味わいました。
ピックに刺したピクルスの小片も乗っていました。

上の段にはイチゴが2粒。 
甘みと酸味が同居している自然なイチゴの美味しさがします。
小さなサイズのスコーンが1つ。
手で、上下に割れます。 底がカリカリに焼かれていて、滅茶美味です。
スコーンの本場のイギリスでだって、こんな美味しいスコーンは味わえません。
生地の中はしっとりとしていて、レーズンが入っています。
外側のカリカリ感と、中のしっとり感のコンビネーションが絶妙です!
バターとマーマレードも添えられています。
これがまた美味しい。
今、二へドンが気に入っている西新橋にある「 フルーゼハウン 」のバターや
ジャムより美味しいと思いました。
そして、いちじくのタルトも、小さな種の粒粒が美味しく、
何から何まで美味しく頂ける、素敵なメニューでした。

余りの素敵なお店に、ついつい離れ難く、17:00閉店なのに17:25まで
居座ってしまいました。 だって、お店の人が「 もう閉店です。」 って
追い出し作戦に来ないのだもの。
今度は絶対にランチを食べに来ますね!!

[ SHOP DATA ]

ローズガーデン えの木てい

港の見える丘公園にある洋館「山手111番館」内にあります。
ティールームと薔薇の雑貨も多数取り揃えています。
店内化粧室は車椅子用の手すりとベビーのおむつ換えシートがあります。

〒231-0862
横浜市中区山手町111番地山手111番館内
TEL/FAX:045-629-6722

ローズガーデン 営業時間
AM10:00~PM5:00(水曜定休)
AM10:00~PM6:00(7・8月のみ)
※ワンちゃん連れの お客様はガーデン席(外席)を御利用頂けます 。

***** 「 雨の日の「 ローズガーデン・セット 」 」 ・ 完 *****



  


Posted by ニヘドン at 20:01Comments(2)カフェ・メニュー

2010年05月22日

味噌ぱん & マコロン

2010年01月25日(月)

01月23日(土)にトリオ・リベルタの岩沼公演に行きました。
その時に仙台在住のマダムに街中を案内して貰ったのですが、
「 仙台舟丁 石橋屋 」に行きました。
その折に買い求めたのが、この
「 味噌ぱん & マコロン 」です。

写真の向かって右側が味噌ぱんです。
佐藤君と半分ずつ食べました。
群馬にも味噌パンで有名なベーカリーが有りますが、
そこの味噌パンとは形状が随分と違っています。
パンというより、見た目は乾パンって感じですね。
素朴な味わいです。
きっと洋風のお菓子がレアだった時代には、この味噌パンは
おご馳走だったのでしょうね。

写真の向かって左側が仙台スイーツで有名な「 マコロン 」です。
仙台駅付近で売られているのは、工場で大量生産されたような物ですが、
こういう手作り風のマコロンは初めて食べました。
フランスのマカロンとはまた違う、日本の駄菓子とフランスのスイーツの
中間みたいな感じです。

こういう手作り仙台駄菓子は貴重ではありますが、何分値段が高いのが
玉に瑕かな? 値段が高いと、もう駄菓子とは言えないのにねえ・・・・・。

このお店の他の商品はこちら → 「 仙台・石橋屋の『 おまけ 』 」 
                    http://yasunaolove.hama1.jp/e817617.html

[ SHOP DATA ]
仙台舟丁 石橋屋
仙台市若林区舟丁63
電話 022( 22 )5415

***** 「 味噌ぱん & マコロン 」 ・ 完 ********

  


Posted by ニヘドン at 23:02Comments(0)和菓子

2010年05月18日

ぬらり豆

2010年05月08日(土)

執事のセバスチャンが大阪への
行商から帰って来た。
お土産は、妖怪ファンの彼ならではの物だった。

ここ暫く京都はご無沙汰のニヘドンは知らなかったのだが、
どうやら今、京都には「 一条妖怪ストリート 」と言うものが存在するらしい。

そこの 「 錦佳月堂 」の「 ぬらり豆 」だ。

要するにソフト落花生なのだが、
これが実にうまい。
ニヘドンはナッツ類には固さを求めるが、
( 殿方にもね。爆! )
この落花生は、口の中で歯を当てると
「 ぬにゃ〜ん 」と、何とも言えない情けない歯ごたえを味わえる。
自分の子供が、こんな「 ぬにゃ〜ん 」とした生活態度だったら、せっかんした挙げ句、ニヘドンは児童虐待で刑務所暮らしになってしまうかもしれない。
この「 ぬらり豆 」が後を引く。引く。

豆を1粒1粒口に入れる度に、口の中に甘さが蓄積されて行く。
「 甘い物を食べた!」と言う満足感が気持ちも落ちつかせてくれる。
疲れている時や、頭脳労働をしている時に食べたいおやつだな。

以下、ぬらり豆の袋に記載されている文を転記しておく。

[ 表面 ]

百鬼夜行
ぬらりひょん
ぬらり豆
一条妖怪ストリート
錦佳月堂

[ 裏面 ]

ぬらり豆の由来
ぬらりひょんは、知らない間に家に上がりこんでタバコを吸ったり、お茶を飲んだりして、知らない間に帰っていくという妖怪で、なぜか妖怪の総大将と云われています。
そんな、ぬらりひょんの頭が、この豆に似ていたので、ぬらり豆となずけてみました。
素朴な味とあっさりした甘さ、手作りならでわの一品です。
錦佳月堂 京一条御前東入
(075)461- 1554


ソフト落花生

落花生、砂糖
保存方法 : 湿度の低い所で、直射日光を避け、開封後は冷蔵庫で保存して下さい。
内容量 : 90 g

豆末本舗
京都市左京区高野 原町24
  

Posted by ニヘドン at 13:01Comments(0)

2010年05月03日

プランタン銀座の「 チーズのサンドウィッチ 」

2010年05月03日(月・祝)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2010 で、ニヘドンはまだまだ音楽三昧しますよ!
今日最後のコンサートの開場時間が21:30なので、ニヘドンはヴァレ・ノワール広場の椅子に座って時間を潰します。
今日のステージ・イベントは全て終了してしまったので、椅子席は閑散としています。

が、ニヘドンはじっとしていられない人なのですよ。
周辺を歩き回らなければ気が済まないのです。
開場時間を待つまでの間、エクレアでも食うべとプランタン銀座の売り場に行きました。
うーん。エクレア1個が300円か…。うーむ。
ふと隣りの売り場を見ると、「 半額!」と云うお兄さんの声がニヘドンの耳に突き刺さりました。
「 半額!?」
それは、恋人の愛の囁きよりもニヘドンの心をピンク色に染め上げます。
「 は・ん・が・く
パンが全種類200円均一で、サンドイッチ類が全種類半額なのです。
いや〜ん。ニヘドン明日も来るわ〜ん。

そして買ってみたのが写真の「 チーズのサンドウィッチ 」です。
定価500円が、半額で250円です!


明日の朝ご飯にしようと思いつつ、先ずは試食です。
がぶり。
バゲットにがぶりついてみました。
いや〜ん。固いわ〜。
ニヘドンが大好きなヨーロピアンなパンだわ〜ん。
( ニヘドンは柔らかさばかり追求する日本のパンのあり方が嫌いなんです。)

500円も取るサンドイッチにしては、挟んであるのはレタス1〜2枚と、向こうが透けて見えそうな程に薄いチーズのスライスです。
でもチーズは、本格的な「 臭い 」系のチーズです。
そう。ニヘドンはブルーチーズとか、臭ければ臭い程チーズは美味いと感じるのです。
臭みを取ってしまった日本のチーズは、「 人を舐めとんのかい! 」と絡みたくなるのです。

美味いな。固いパンと臭いチーズ。
ああ、幸福。

ワインと一緒に頂いたら、さぞかし美味しい事でしょう。
でも連日の LFJ 日参で寝不足だから、ワインを飲んだらイチコロで眠りの世界へ旅立つでしょう。
我慢。我慢。

よし。明日も半額のサンドイッチをゲットして、自宅でワインで1人打ち上げをしようっと!!
  

Posted by ニヘドン at 21:55Comments(2)