2014年12月22日

銀座 立田野 「 クリスマスあんみつ 」

銀座 立田野 クリスマスあんみつ
2014年12月12日(金)
いつも二へドンがJR横浜駅から
ヴァイオリン教室へ行く道筋に
「 銀座 立田野 」のお店が
有ります。
不思議な事に今迄1度も
入った事が無いのです。
恐らく値段が高いから、
無意識に敬遠していたのだと
思います。
でもこの日は、お店の前を
通り過ぎる時に、視界に入ってしまったのですよ。
「 クリスマスあんみつ 」と言う文字が!!

え? クリスマスあんみつ?
その言葉は、まんまと二へドンのブロガー魂をゲッチュしてしまったのです。
「 ヴァイオリンのレッスンの後、 クラスメイトの fu-chan を誘って来よ~♪ 」
fu-chan を誘ってみるとOKとの事。 るん♪
早速2人でやって来ました。

写真の超・可愛いのが「 クリスマスあんみつ 」 ¥1,188.-です。
ソフトクリーム、 苺アイスクリーム、 抹茶クリーム、 苺、 白玉3個、 あんこ、 寒天、
練り切りの雪だるま。 雪だるまのお腹の中は胡麻餡でした。
別容器の黒蜜を掛けて食べました。 美味しかったです!
庶民のおやつにしては1,000円を越すので、高いと思いますが、
たまには自分にご褒美で良いですよね。
二へドンはこれから毎日ヴァイオリンの練習を続けた週には、ご褒美に立田野で
ティータイムをする事にしようかな?
このお店、季節毎に、練り切りで様々なアレンジをするみたいです。
じゃあ、お正月も来なくちゃ~!

店内は狭くて2人掛けの小さいテーブルが5~6台と、カウンター席に4人位腰掛けられます。
お金持ちそうなマダム達が次々に入って来て、 あんみつ等を当たり前の様に食べていました。
世の中、お金持ちが多いんですね。
クリスマスあんみつを食べているのは二へドン1人だったので、ちょっと恥ずかしかったかな。
持ち帰り用のクリスマスあんみつも売られていました!

***** 「 銀座 立田野 「 クリスマスあんみつ 」 」 ・ 完 *****  

Posted by ニヘドン at 21:12Comments(0)和菓子

2014年12月17日

「 発酵バターケーキ 」

2014年12月17日(水)
紋別空港から猿払を目指す道中、
途中で流氷岬( オムサロ原生花園 )で休憩を取りました。
流氷岬とは言っても、流氷が来るのは1月下旬なので、
まだ流氷を見る事は出来ません。
一応、流氷岬の看板だけは写真に撮り、爆弾低気圧の影響を受けた海辺の荒波を見て、売店に入りました。
店内には紋別周辺のお土産物が売られています。
観光客にお勧めしたいナンバーワン商品は、
「 ノースプレインファーム 」の「 発酵バターケーキ 」です。
「 ノースプレインファーム 」は、生キャラメルを最初に作ったメーカーです。
従業員用のおやつに作り始めた物が美味しいと評判になり、
花畑牧場の田中義剛が、その作り方を教わって、花畑牧場から発売したと言う事です。
( 宗谷バスのバスガイドさん談 )

数年に1度の猛吹雪に遭い、予定の飛行機が欠航。
稚内市内の ANAクラウンプラザホテルの 614号室に閉じ込められた1日。
昼食代わりに、この「 発酵バターケーキ 」を食べました。

売店には、バラ売り1個で216円の物が有ったので、それを買いました。
他には3個入りの物、冷凍の4個入りの物も有りました。

食べてみると、昔のバターケーキは、こう言う味だったな、と思わせる懐かしい無骨な味です。
余計な香料を使わず、あくまでも発酵バターの味だけで勝負している所が潔くて好きですね。
紋別周辺に行く場合は、是非ともご賞味頂きたい、
酪農王国北海道ならではの素材重視のスイーツです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

以下、外袋の記載事項を転記しておきます。

[ 表面 ]
Fermented Butter Series
自家製発酵バターたっぷりの
発酵バターケーキ
made in Okoppe, Hokkaido
North Plain Farm

[ 側面 ]
www.northplainfarm.co.jp

● 種類別 : 洋菓子
● 品名 : 発酵バターケーキ
● 原材料 : 全卵、発酵バター ( 食塩不使用 )、小麦粉、砂糖、水あめ、牛乳、食塩
● 内容量 : 1個
● 賞味期限 : 別枠に記載
● 保存方法 : 直射日光、高温多湿を避け冷暗所( 25℃以下 )に保存
● 販売者 : ノースプレインファーム株式会社 NF
北海道紋別郡興部町北興 116-2
TEL 0158-88-2000
FAX 0158-82-4005
紙 : 台紙
プラ : 袋

***** 「 「 発酵バターケーキ 」 」 ・ 完 *****
  

Posted by ニヘドン at 16:08Comments(0)焼き菓子

2014年12月14日

cafe arte の「 黒ごまパンのホットサンド 」

黒ごまパンのホットサンド
2012年02月19日(日)
新百合ヶ丘駅から徒歩10分の所に有る
川崎市アートセンターで
ダンサー木野彩子さんの
新作パフォーマンスのオリエンテーションが
有ると言うので出かけて行きました。
川崎市アートセンターの3階に
「 cafe arte 」 ( カフェ・アルテ )が有ります。

そこでお昼ご飯として写真の
「 黒ごまパンのホットサンド 」
( 単品600円 /  ドリンク付き700円 )
を頂きました。
コーヒー単品250円ですから、セットにすると随分お得です。

香ばしい黒ごまが散らばったイギリス食パンに、ハムとチーズが入って
ワッフル・トースターで焼いてあるのです。
「 ママン特製カラフル・ピクルス 」も付いて来ます。
しめじ、キュウリ、人参、玉葱、赤パプリカ、黄パプリカ、蓮根、大根と野菜の種類も豊富です。
嬉しいのは、ミントの乗ったコーヒーゼリーも付いています!!
ホットコーヒーは軽~い、ノンカフェインの様な喉にスイスイ入って行くライトな味でした。

ガラス張りで明るい店内は、カフェの食事をしない人でも休憩をする事が出来るスペースなんです。
自分の家から持って来たお弁当を食べながら、コーヒーだけ頼むと言う事も出来ます。
丸テーブルが10卓、ひょうたん型のテーブルが1卓有ります。

[ SHOP DATA ]
店名 : cafe arte ( カフェ・アルテ )
営業時間 : 11:00~16:00 L.O. 15:30  
定休日 : 月曜日

☆ このお店は、川崎市アートセンターに行く度に利用させて頂いていたのですが、
  2013年04月から川崎市アートセンターの指定管理者が変更になるのを受けて
  営業を停止してしまいました。
  こういうサービス改悪になるのは、とても残念な事です。
  利用者が何か食べたくなった時に、一体どうしてくれるんじゃい!?
  先ず、「 食 」が文化の基本だと、二へドンは思いますけれどね?
  新しい指定管理者の考え方に納得できず、その後二へドンは2度と
  川崎市アートセンターに行く事もなくなりました。 残念な事です。

*****「 「 cafe arte の「 黒ごまパンのホットサンド 」 」・ 完 *****
  

Posted by ニヘドン at 21:10Comments(0)カフェ・メニュー