2014年04月26日

「 くるみゆべし 」

2014年04月15日(火)
04月14日(月)より伊香保温泉のホテル山陽に
2連泊しました。
旅館に泊まる時のお楽しみは、お部屋にセットされた
サービスのお茶菓子なのですが、ホテル山陽さんは
気が利いていました。
1日目が胡麻せんべい、2日目が、
この写真の「 くるみゆべし 」だったのです。
1日目と2日目でお茶菓子を変えると言う小技を利かせる
宿は、意外と少ないんですよ。
2日共同じだったり、2日目はお菓子が無かったりする宿も多いのです。

さて、ニヘドンの父親は福島県会津若松市の出身です。
ゆべしは小さい頃から馴染んでいたお菓子でした。
今でも変わらずに「 ゆべし 」が存在し、その美味しさを楽しめるのが感動的ですら
あります。
ゼリーとは少し違う、のた〜っと重めの歯応えが特徴でしょうか。
くるみの香りと、この歯応えが癖になりますね。
西洋のお菓子は焼き菓子が主流なので、この中途半端な歯応えのお菓子は無いと思います。
ゆべしよ、永遠なれ!!
( しかし、ホテル山陽さんに置いてあったゆべしは、外袋にメーカー名も何も書かれておらず、謎なのであった。)

***** 「 くるみゆべし 」 ・ 完 *****


同じカテゴリー(和菓子)の記事画像
能登名産「 いも菓子 」
中田屋の「 うぐいすきんつば 」
「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」
「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」
「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。
善光寺の「 門前きんつば 」
同じカテゴリー(和菓子)の記事
 能登名産「 いも菓子 」 (2016-07-01 16:38)
 中田屋の「 うぐいすきんつば 」 (2016-05-15 12:56)
 「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」 (2016-03-31 03:12)
 「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」 (2015-07-26 22:51)
 「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。 (2015-06-04 12:29)
 善光寺の「 門前きんつば 」 (2015-05-22 10:12)

Posted by ニヘドン at 14:14│Comments(0)和菓子
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。