2016年05月15日

中田屋の「 うぐいすきんつば 」

中田屋の「 うぐいすきんつば 」2016年05月12日(木)
金沢の人気スポット
「 ひがし茶屋街 」に
行きました。
ここは、何度行っても
大いに興奮してしまいます。
平成13年に国の重要伝統的建造物群
保存地区に選定された、江戸の情緒
たっぷりの小さな街並みです。
木虫籠( きむすこ )と呼ばれる
出格子が印象的です。
ニヘドンが興奮する理由は、
歴史を感じさせる街並みもさる事ながら
買い物が楽しい!!
のであります。
今、お茶屋さんは、大半が
お土産物屋さんかカフェになっています。
金箔のお店有り。 お麩のお店有り。
勿論、スイーツ系のお店も目白押しです。
ニヘドンは心を鬼にして、
1回の訪問で、買う物は1つと決めています。

たまたま今回、ひがし茶屋街に到着する前に2号車の添乗員さんとお話をした時、
彼女はこう言いました。
「 ねえ、ねえ、この間、ドライバーさんから聞いたんだけど、ひがし茶屋街に
  きんつばの美味しいお店が有るんですって。 ニヘドンさん、食べた事ありますか?」
え!? 何ですって!?
ニヘドン、中田屋のきんつばは食べた事ありません!!
( 多分。 食べて忘れているのかもしれないけど。)
食べたか食べなかったかは、ともかく、記憶に無いのであれば、
食べた事がないも同然。
そういう訳で、今日のお買い物は中田屋さんに決まり~!!

自宅に帰ってから頂きました。
バラ売りの「 きんつば 」は残念ながら売り切れだったので、
「 うぐいすきんつば 」のバラ売りが3個残っていたので、その内の2個を買いました。
新緑の初夏を思わせる涼しげな色味。
味は甘さ控え目で、きんつばを食べたー!という満足感はありません。
でろでろに甘いきんつばを食べて、血糖値がぬおー!!と上がる代物ではありません。
そこはかとなく感ずる甘味。 
音の無いせせらぎが近くを流れている様な、そんな夢幻の景色が目に見える様な
デリケートな和菓子でございました。
ほぼ全体が青豆の存在感。
うーん。 これは仙台のずんだ豆を使ったスイーツに匹敵するかも!!
美味しい。 これは美味しい♪♪
今度、ひがし茶屋街に行ったら、オーソドックスな「 きんつば 」も食べてみよう!!

*********************************

以下、パッケージに記載されている内容を転記しておきます。

[ 表面 ]
うぐいす
  中田屋

[ 裏面 ]
当店の品々は、お客様に喜んで頂けますように、品質、包装等万全を期しておりますが、
 万一不備な点がございましたら、お手数ですがお問い合わせの上、現品をご返送ください。
 0120-588-228  FAX : 076-252-1239
 http://www.kintuba.co.jp/

名称 : 生菓子( うぐいす )
原材料名 : 砂糖、青えんどう豆、還元澱粉糖化物、小麦粉、寒天、塩、
         トレハロース、膨張剤
内容量 : 1個
賞味期限 : 枠外下部記載( 箱入りの場合は外装面に記載 )
保存方法 : 直射日光、高温多湿を避け、冷暗所で保存
製造者 : ㈱中田屋 
       金沢市元町2-4-9
       ℡ 076-252-4888
( 特定原材料小麦含む )
紙 スリーブ
プラ 内装、トレー
賞味期限 : 16.5.25

***** 「 中田屋の「 うぐいすきんつば 」」 ・ 完 *****

同じカテゴリー(和菓子)の記事画像
能登名産「 いも菓子 」
「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」
「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」
「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。
善光寺の「 門前きんつば 」
茶房太助庵の「 お餅のおためしアラカルトA 」
同じカテゴリー(和菓子)の記事
 能登名産「 いも菓子 」 (2016-07-01 16:38)
 「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」 (2016-03-31 03:12)
 「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」 (2015-07-26 22:51)
 「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。 (2015-06-04 12:29)
 善光寺の「 門前きんつば 」 (2015-05-22 10:12)
 茶房太助庵の「 お餅のおためしアラカルトA 」 (2015-01-08 17:18)

Posted by ニヘドン at 12:56│Comments(0)和菓子
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。