2010年02月04日

仙台・石橋屋の「 おまけ 」

2010年01月23日(土)

マダム杜子に連れて来て貰った、昔ながらの和風建築の和菓子屋さん「 石橋屋 」に来ました。
「 石橋屋 」については 「 ドンドン日記 」に
書いた「 二へドンの『 仙台日記 』 」を
お読み下さい。
→ http://nihedon.hama1.jp/e814723.html

石橋屋さんは、二へドンが子供の頃に食べた駄菓子
なんかよりも、もっともっと古い、限りなく江戸時代に
近い頃の駄菓子を売っているお店です。
化粧箱入りの贈答用セットは、3,000円とか
5,000円します。
そんな値段が付いたら、もう全然「 駄菓子 」なんかじゃ
ありませんよね~。

丁度、横浜に夜行バスで帰る日に、
ノイズ・ミュージシャンの伊藤まく氏のライブが有るので、
そこで皆で食べようと、ちょっぴり詰め合わせを買いました。
お会計を済ませると、お店のおやじさんが、
「 おまけ 」をくれました。
写真が、その「 おまけ 」です。
なかなかどうして「 いい 」お値段のお店なので、
2つだけでも、すっごく嬉しかったです!!

帰宅し、息子ちゃんと半分ずつ食べてみました。
まず、円形の黒いお菓子は、見た目は固いかりんとうの様なお菓子に見えますが、
口に入れてみると、むにゅ~と柔らかいのですぅ。
黒糖の甘さが口いっぱいに広がります。
日本の昔のお菓子って、味がシンプルですよね。
西洋のお菓子の様に、あれこれ混ぜて味を出すという事を、あまりしません。
甘さを出すには黒糖。 ただそれだけ、みたいな。

もう1つの細長いお菓子は、黄な粉がまぶしてあって、
余りの素朴さに涙が出ます。

年齢の割にはグルメ・ライフを満喫している息子ちゃんも、「 なかなかいい。」 と
宣まっておりました。
仙台駅ビルの売店では入手できない、レアなお土産だったと思います。
是非皆さんも、行ってみて下さいね。
お店の前には枝垂れ桜の木が有り、満開時には、隣の川の上に枝を垂らして咲く風情が
妖艶なんだそうです。

石橋屋 電話 仙台 ( 22 )5415

***** 「 仙台・石橋屋の「 おまけ 」 」 ・ 完 ************


同じカテゴリー(和菓子)の記事画像
能登名産「 いも菓子 」
中田屋の「 うぐいすきんつば 」
「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」
「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」
「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。
善光寺の「 門前きんつば 」
同じカテゴリー(和菓子)の記事
 能登名産「 いも菓子 」 (2016-07-01 16:38)
 中田屋の「 うぐいすきんつば 」 (2016-05-15 12:56)
 「 花子の古里 巨峰・桃ようかん 」 (2016-03-31 03:12)
 「花見煎餅吾妻屋 」の「 長者団子 」 (2015-07-26 22:51)
 「 そば茶屋 小諸 」の甘味セット。 (2015-06-04 12:29)
 善光寺の「 門前きんつば 」 (2015-05-22 10:12)

Posted by ニヘドン at 02:14│Comments(0)和菓子
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。