2012年12月12日

ホテルオークラ東京ベイの「 フレンチトースト 」

2012年12月03日(月)
楽天トラベル × お江戸バス
「 上位に輝いた!!
  朝ごはんを食べに行こう!
  バスツアー 」に参加しました。

最初に東京ベイ舞浜ホテル
クラブリゾートで
「 舞浜スマイルバーガー 」
を食べ、次に乗り込んで行ったのが
ホテルオークラ東京ベイです。
食べるのは「 フレンチトースト 」!!

これは、「 楽天 朝ごはん
 フェスティバル 2012 」で
頂上決戦を経て、見事に
準優勝を果たした
「 フレンチトースト 」なのです。

先ずはレストランのテーブルの席に着き、
フレンチトーストが運ばれて来るのを
待ちます。
「 只今、焼いておりますのでお待ち下さい。」
とホテルスタッフに言われ、良い子に待つのであります。


右側の写真が、境( さかい )シェフ。
ツアー参加者に配られたレシピには
こんな挨拶が書かれていました。

「 シェフより
  オークラ伝統の厚切りフレンチトースト
  を、デザートとしてご用意しました。
  温かいフレンチトーストに冷たい
  アイスクリームを添えた
  フレンチトーストアラモードに、 
  お好みでフルーツやソースをかけて、
  至福のティータイムをお楽しみください。」

二へドン達がパクついている所に、境シェフがテーブルにやって来ました。
「 皆さん、どうですか? 」との質問にテーブルの参加者全員が声を揃えて
「 美味し~い!
「 そうですよね。 それ以外は無いですよね。 失礼しました。」
と横を向くと、退場する振りをするシェフ。
なかなかコメディアンなのであります。

ソースが、ゴージャスでしたね。
苺ジャム、ブルーベリージャム、
マーマレード、バター、メイプルシロップ。
1人分が凄い量なのです。
1種類ずつ小さなグラスに入っていますが、これ全部食べたら凄いカロリーだよね!?
ブルーベリージャムは、ホテルオークラの
自家製なんだとか。

お皿には、ブルーベリーの実が3粒、
ラズベリーが2粒、バニラアイスクリームが添えられています。
別皿にはフルーツもいっぱい乗っています。
メロン、柿、ルビー・グレープフルーツ、キウイ、パイン。

境シェフがこの極上フレンチトーストの作り方を
説明してくれました。
1. 厚いパンをラップも何もせず
   冷蔵庫に入れてカサカサに
   する。
   ( この乾燥がポイント )
2. 卵:牛乳:シロップを 
   3:2:1の割合で混ぜ、
   パンを入れ、1晩だけ
   ではなく、24時間浸ける。

   つまり、パンを乾燥させて
   から48時間掛かるのです!

3. サラダ油を熱し、弱火でゆっくりと焼く。これで、パンが膨らみます。
   4. 焦げ目を付けて、ひっくり返して、もう片面を焼く。

しみじくもシェフが言いました。
「 映画『 クレーマークレーマー 』で、ダスティン・ホフマンがパッパとフレンチトーストを作っているシーンが有るが、あれは嘘。 」
なるほど。 美味しいフレンチトーストを作るコツは、
パンをカチカチに乾燥させる事と、液に24時間浸ける事。
家では30分位浸けておくだけだから、普通のフレンチトーストになっちゃうんですね。

焼いて膨らんだフレンチトーストは、冷めると縮んでしまうので、
アチアチの内に頂きましょう!

コーヒーも苦めで美味しかったです。

最後の写真は、余りの美味しさに、全員が残さずに食べた
空っぽのお皿達です。
このフレンチトーストは、一生の内に1度は食べておいた方が良いフレンチトーストです!!

***** 「 ホテルオークラ東京ベイの「 フレンチトースト 」 」 ・ 完 *****


同じカテゴリー(パン)の記事画像
ANA機内食のパン。
善光寺で行列の出来るメロンパン!
石和温泉「 ともえやベーカリー 」の「彩り野菜ピザ」。
「 パン工房椎の実 」の3つのパン。
パン工房・鳥居平の「 レーズンノアコッペ 」
桜あんぱん。
同じカテゴリー(パン)の記事
 ANA機内食のパン。 (2016-03-15 18:24)
 善光寺で行列の出来るメロンパン! (2016-03-11 19:02)
 石和温泉「 ともえやベーカリー 」の「彩り野菜ピザ」。 (2016-03-10 23:20)
 「 パン工房椎の実 」の3つのパン。 (2015-03-26 15:32)
 パン工房・鳥居平の「 レーズンノアコッペ 」 (2015-03-23 14:06)
 桜あんぱん。 (2014-03-07 22:14)

Posted by ニヘドン at 20:46│Comments(0)パン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。